自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

もくじ

自動車保険を乗り換えるタイミングはいつまで?満期前はデメリットはあるの?

保険太郎(保険太郎)

はじめまして。

大手ダイレクト自動車保険の会社に勤めていた「保険太郎」です。

自動車保険の専門家として、解説していきます。

自動車保険の他社への乗り換えを検討されているお客様は、以下のようなことを心配されています。

「自動車保険を乗り換えるのに、最適なタイミングってあるの?」

「満期より前に自動車保険を乗り換えると、デメリットがある?」

たしかに、乗り換える時期がわからなかったり、乗り換えによるデメリットがないか心配になりますよね。

しかし、自動車保険はいつ乗り換えてもメリットしかないシステムなのです。

ですから、もしあなたが以下のような不満を抱えているのであれば今すぐ自動車保険の乗り換えることをおすすめします。

  • 今支払っている保険料が高い(料金を安くしたい)
  • 事故や車のトラブルがあったけど、現在加入している保険会社の対応が悪かった
  • 担当者が頼りなくて、もしもの時に心配だ
  • もっと有名な保険会社、評判のいい保険会社に乗り換えたい
  • 結婚・離婚・子供の免許取得・車の使用用途が変わった等のライフスタイルに変化があった

自動車保険の乗り換えにデメリットがない理由

いくら「自動車保険を乗り換えてもデメリットがない」と言われても、「本当に?」と思ってしまいますよね。

そこで、ここから「デメリットがない理由」をご説明します。

保険太郎
等級に影響はありません

自動車保険の乗り換えで、お客様が一番気にされているのは「等級がどうなるか?」です。

「自動車保険を乗り換えると等級はどうなるの?」
「リセットされてまた1から?」
「引き継げないの?」

たしかに、それまでコツコツ積み上げてきた等級がなくなってしまうのは大変ですよね。

しかし、自動車保険を乗り換えても、同じ等級を引き継ぐことができます。

等級は自動車保険会社ではなく、あなた自身のものだからです。

もし満期より前に乗り換えたとしても、等級がアップする日に影響はありません。

つまり、A社と契約して、満期前にB社に乗り換えました。

それでも等級が上がるのは、A社と契約してから1年後なのです。

どうでしょうか?

自動車保険を乗り換えても、デメリットがまったくないことがお分かりいただけましたでしょうか。

自動車保険の乗り換えのメリットは?

デメリットがないことがわかった後は、自動車保険を乗り換えることによる「メリット」についてお話します。

やはりなんといっても、保険料が安くなること」が最大のメリットです。

↑の図は実際に自動車保険を乗り換えた人のうち、保険料がいくら安くなったのかを調べたものです。

自動車保険を他社に乗り換えた人は、なんと平均で3万円以上も安くなっています。

中には5万円以上も安くなっている人もいます。

保険太郎
高い保険料を払って損していませんか?

以下は、過去に私が自動車保険を乗り換えるときに出した各保険会社の見積額です。※保険会社名は伏せています。

保険会社 保険会社A 保険会社B 保険会社C
保険料 65,000円 31,000円 85,000円

(加入者・契約車両・補償内容などの)条件はまったく同じなのに、保険会社によって保険料が何万円も違っていることがわかりますよね?

もしあなたが、今支払っている自動車保険の料金を節約したいなら、今すぐ保険会社の乗り換えをおすすめします。

無駄な保険料を払い続けて、損しているかもしれませんよ?

自動車保険の乗り換える目安として、まず自動車保険の相場を調べてください!(※無料・5分)

自動車保険の乗り換えは満期前でも大丈夫!

自動車保険を乗り換えるなら「満期が来るまで待とう」なんて言われますが、あれは会員数を減らしたくない保険会社の策略でしかありません(笑)

満期前に乗り換えたって、ぜんぜん問題ないのです。

思い立ったが吉日と言いますが、「乗り換えるのは今」です!

とは言っても、日本には数十社を超える自動車保険会社(=損害保険会社)があります。

「乗り換えるって言ってっもどの会社に乗り換えたら良いんだよ…?」

↑このようなお客様の声が聞こえてきそうです。

その場合は、やはり自動車保険の相場を調べてみることをおすすめします。

「それぞれの保険会社の保険料がいくらなのか」を調べて、1番安い会社に乗り換えてもいいですし、予算内の数社にしぼって、口コミを見て決めても良いでしょう。

実はたった1回の入力で、それぞれの保険会社の保険料を調べるサービスがあります。

これなら、どの会社が1番安い会社なのかすぐに調べることができます。

私もこのサービスを使って調べましたが、保険料が高い会社と安い会社とでは、料金に何倍もの差がありました。

あなたも一度、調べてみてはいかがですか?

きっとあまりの安さに驚きますよ!

保険料を調べる!(無料・5分)

 

自動車保険の乗り換え|保険料が安くなるタイミングは?

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

保険料が驚くほど安くなる!自動車保険の乗り換えはメリットだらけ

「今加入している自動車保険は、保険料がすごく高い!」
「自動車保険をもっと節約したい…」

たしかに、自動車保険は事故があってもなくても支払わなければなりません。

なんとか節約できないのでしょうか?

しかし、自動車保険を他社に乗り換えるだけで、驚くほどカンタンに保険料を安くすることができます。

その理由は、保険会社ごとに保険料の算出方式が違うためです。

つまり、まったく同じ条件(同じ人・同じ車)であっても、算出方式が違うので、保険会社によって料金が違ってくるのです。

それぞれの保険会社の見積もり額を比較すれば、あなたにとって最安値で加入できる保険会社がすぐに見つかります。

とは言っても、保険会社はたくさんあるので、1社ずつ見積もり額を調べるのは大変です。

そこで、たった1回の入力で数十社の保険料を比較できる一括見積もりサービスが便利です。

あなたも最安値の自動車保険を見つけてみませんか?

あまりの安さに驚きますよ!

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

継続すると大損!!保険料が半額になった事例

自動車保険は各保険会社ごとに特徴があります。

たとえば、保険会社によって以下のような特徴があります。

「年齢が40代50代の人が安くなる」
「年齢が若くても保険料は安い」
「走行距離が短い人が安くなる」
「走行距離が長い人はお得になる」

あなたの年齢や走行距離は、毎年同じではありません。

つまり、あなたにとって最安値の自動車保険は毎年変わってくるのです。

毎年同じ自動車保険を継続していたAさんは、他社の保険料を見積もり額を調べてみました。

すると、これまでの半額で加入できることがわかったのです。

もちろん補償内容は同じで、料金だけが半額になったのです。

>>あなたも最安値の自動車保険を見つけてみませんか?(無料・5分)

保険会社ごとで保険料に差があるのはなぜ?

保険料の算出には、以下の項目があります。

  • 年齢
  • 走行距離
  • 車の使用目的
  • 免許証の色

など

これらのうち、「どの項目を重視するか」「どの項目を除外するか」が保険会社によって異なるので、保険会社ごとに保険料に差があるのです。

関連記事:(「自動車保険の乗り換え|安い保険料に切り替える絶好のタイミング」)では、「保険料算出方式の詳細」や「自動車保険を安く乗り換えるタイミング」について解説しています。

お得なテクニック!保険料の安さで選ぶ方法とは?

同じ人間でも、保険会社によって保険料が違います。

それも数百円のような違いではなく、保険料が2倍・3倍の違うことがあるんです!

あなたが加入している保険会社は、あなたにとって安い保険料の会社でしょうか?

それを確かめるお得なテクニックがあります。

それぞれの自動車保険の保険料を比較するのです。

そうすれば、保険料の安さで選ぶことができます。

1回の入力で、数十社の保険料を調べられる一括見積もりサービスがあります。

ぜひ活用して、あなたにとって一番安い自動車保険を見つけてください。

>>一括見積もりサービスで保険料を見積もる!(無料・5分)

割引キャンペーン・乗り換え特典でお得に乗り換える

「自動車保険を他社に乗り換えても、保険料が安くならないんでしょ?」
「自動車保険には乗り換えキャンペーンとか割引特典はないんでしょ?」

携帯電話とは違って、自動車保険の乗り換えキャンペーンなんて聞いたことがありませんよね。

しかし、自動車保険にも割引キャンペーン・乗り換え特典でお得に乗り換えることができるんです。

一番大きいのは「インターネット割引」です。

インターネット割引とは、インターネットを使って自動車保険に申し込むと割引を受けられる仕組みです。

インターネット割引には新規と継続があり、新規は「1万円割引」、継続は「割引なし」または「3千円割引」の会社が多いです。

つまり、同じ保険会社でずっと継続すると、インターネット割引の割引き額が少なくなってしまうのです。

自動車保険を別の会社に乗り換えると、インターネット割引は「新規」の扱いになりますので、お得な割引を受けることができます。

他にも、保険会社によってさまざまな割引制度がありますが、継続する人ではなく、他社から乗り換えてくる人が優遇される割引特典が用意されています。

これらの割引キャンペーンや特典を利用して、自動車保険を節約してみませんか?

>>割引キャンペーンや特典を適用した各社の保険料を比較する!(無料・5分)

インターネット割引とは

インターネット割引とは、自動車保険の加入申し込みをインターネットを使った場合に適用される割引です。

ゴールド免許割引とは

ゴールド免許割引とは、始期日(自動車保険の契約開始日)時点で、記名被保険者(メインドライバー)の免許証がゴールド免許の場合に適用される割引です。

新車割引とは

新車割引とは、新しい車で自動車保険に加入する場合に適用される割引です。

新しい車とは、車の車検証に記載されている初度登録年月から25ヶ月以内です。

セカンドカー割引とは

セカンドカー割引とは、1台目の車がすでに自動車保険に加入していて、2台目以降の車も自動車保険に加入する場合に適用される割引です。

自動車保険は車ごとに契約する決まりとなっているため、1台目と2台目の車の自動車保険は別の保険契約となります。

年齢に走行距離よって保険料が変動する!

「どの自動車保険でも、年齢が若いと保険料が高いんでしょ?」
「たくさんの距離を運転する人は、保険料が高くなんでしょ?」

保険料は、年齢が若いと高くて、年齢を重ねると安くなる。
走行距離が短いと保険料は安くて、距離が長くなると保険料は高くなる。
これは自動車保険では常識と思っている人が多くいます。

しかし、年齢や走行距離によって保険料が高くなるか安くなるかは保険会社によって異なるのです。

40代50代の人が安くなる自動車保険もあれば、年齢が若い人の保険料が安くなる自動車保険もあります。

走行距離に関しては、走る距離が短い人が得をする自動車保険もあれば、走行距離が保険料に影響しない自動車保険もあるのです。

このように保険会社によってさまざまなので、あなたの条件(年齢や走行距離など)にマッチした最安値の自動車保険を見つけることが重要です。

では、どのようにして最安値の自動車保険を探せばいいのでしょうか?

それぞれの自動車保険の保険料を比較すれば、どこが一番安いかはすぐにわかります。

とは言っても、自動車保険の保険会社は日本に数十社あるので、1社ずつ見積もりを取るのは大変ですよね?

そこで、1度の入力で数十社の保険会社の見積もり額が調べられる一括見積もりサービスがおすすめです。

あなたも最安値の自動車保険を見つけてみませんか?

あまりの安さに驚きますよ!

>>今すぐ一括見積もりサービスで保険料を調べてみる!(無料・5分)

同じ年齢や走行距離なのに保険料に差があるのはなぜ?保険会社ごとに違う保険料算出方式

自動車保険の保険料はどうやって決まるのでしょうか?

保険料は以下の項目を参考に計算されています。

  • 運転者の年齢
  • 免許証の色
  • 運転する人の範囲
  • 車種(型式)
  • 年間走行距離
  • 車の使用目的
  • 住んでいる地域

これらのうち、どの項目を重視して保険料を計算するかは、それぞれの保険会社によって異なります。

そのため、年齢や走行距離が同じでも、保険会社ごとに保険料に差があるのです。

納得できる保険料を見つけるには、保険会社ごとの保険料を比較!

保険会社ごとに保険料が違うのは分かりましたが、納得できる保険料の自動車保険に加入したいですよね?

そのためには、保険会社ごとの保険料を比較することがおすすめです。

保険料を比較すれば、どの保険会社が高くて、どの保険会社が最安値になるのかもすぐにわかります。

こんなにも保険料がダウン!車の維持費を節約できた事例

自動車保険は保険会社によって、保険料が大きく異なります。

たとえば、以下の条件のAさんがいたとします。

年齢:26歳
等級:9等級
車:ホンダ・N-BOX

この場合、Aさんの年間の保険料は以下となります。

ソニー損保:60,470円
三井ダイレクト:73,650円
損保ジャパン日本興亜:226,210円
アクサダイレクト:94,190円

Aさんはアクサダイレクトからソニー損保に乗り換えたことで、年間の保険料を3万円以上ダウンすることに成功して、車の維持費を節約できました。

損保ジャパン日本興亜とソニー損保では、保険料に3倍以上も差がありますね。

保険料の一括見積もり方法とは?

自動車保険の保険料は、まったく同じ条件(同じ人・同じ車)であっても、保険会社によって違います。

それも、料金は2倍や3倍の違うこともあるんです!

補償内容も同じなのにですよ?

だからこそ、あなたにとって最安値の自動車保険を見つけるためには、それぞれの自動車保険の見積もり額を調べて比較することが大切です。

とはいっても、自動車保険会社は日本に何十社もあるので、1社ずつ見積もり額を調べていくのは大変ですよね?

そこでお得なテクニックがあります!一括見積もりサービスです。

たった1回の入力で、数十社の自動車保険会社の見積もり額がすぐにわかるサービスです。

これを使えば、保険料が安い保険会社をすぐに見つけることができるんです。

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

 

自動車保険の乗り換え|等級を引継げるタイミングは?

自動車保険 乗り換え タイミング 等級

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

自動車保険を他社に乗り換えても等級の引継ぎはできる?

「自動車保険を他社に乗り換えると、等級は引き継げるの?」
「等級の進行が遅れるんじゃないの?」

自動車保険の保険料に直結するため、等級は非常に大切!
だからこそ、気になりますよね?

しかし、自動車保険を他社に乗り換えても、等級への悪影響は一切ありません。

他社に移っても、これまでの等級は引き継がれます。

「等級のアップが遅れる」といった等級の進行にもまったく影響はありません。

>>等級を引き継いでもっと安くなる保険会社を調べる!(無料・5分)

等級制度とは

等級(ノンフリート等級)とは、自動車保険の保険料の割引率(または割増率)です。

1等級~20等級の20段階に区分されています。

6等級からスタートして、1年間無事故なら1等級アップし、事故を起こすたびに3等級ダウンします。

8等級・15等級・18等級で保険料はいくら違う?

たとえば、同じ人物、同じ車両、同じ保険会社で等級だけが違う場合、以下のような金額の差になります。

8等級:120,000円
15等級:58,000円
18等級:52,000円

等級の進行は自動車保険の乗り換えに影響されない

等級は自動車保険の保険会社が変わっても、引き継ぐことができます。

そのため、「等級のアップが遅れる」といった等級の進行にもまったく影響はありません。

等級移行の可能期間と満期日の関係性

自動車保険に加入している限り、等級を保持することができます。

しかし、満期日から7日を過ぎても自動車保険を更新しなかった場合、等級は消滅します。

満期日から7日後までを等級継承可能期間(等級移行の可能期間)と言います。

満期日とは?

自動車保険の契約が満了する日(契約最終日)です。

満期前の解約で等級は下がらない

満期日の前、すなわち契約途中で解約しても等級はリセットされません。

解約後、すぐに新しい自動車保険に加入すれば、等級を引き継ぐことができます。

注意点:満期日の7日後以降に更新すると等級はリセットされる

満期日から7日を過ぎても自動車保険を更新しなかった場合、等級は消滅します。

関連記事:(「自動車保険の乗り換え|等級の引継ぎができるタイミングとは?」)では、「等級制度の詳細」や「中断証明書の使い方」について解説しています。

自動車保険の等級と事故歴の関係

「事故を起こしても、自動車保険を他社に乗り換えられるの?」
「事故後に、自動車保険を他社に乗り換えると等級はどうなるの?」

他の保険会社に移っても等級は引き継げますが、事故があるとどうなるのか気になりますよね。

しかし、事故があっても問題なく、等級を引き継ぐことができます。

自動車保険を乗り換えても乗り換えなくても、等級の扱いはまったく同じです。

事故があると等級は3つ下がりますが、下がった等級がそのまま引き継がれます。

ただし等級が下がると、翌年の保険料は大幅に上がって損をしてしまいます。

保険料を節約するために、それぞれの自動車保険を比較して、なるべく保険料が安い保険会社に乗り換えましょう!

>>今すぐ安い自動車保険を調べる!(無料・5分)

事故があっても等級を引継げる

乗り換えても乗り換えなくても等級の扱いは同じです。

事故後に自動車保険を他社に乗り換えても、等級を引き継ぐことができます。

1年間無事故なら等級は上がる(アップ)

1年間無事故であれば1等級アップした状態で、等級が引き継がれます。

事故があると等級は下がる(ダウン)

事故後に3等級下がった状態で、等級が引き継がれます。

保険料が安い保険会社を見つけるには一括見積もりがおすすめ

自動車保険はたくさんあるので、1つ1つ見積もりを取っていると時間がかかってしまいます。

しかし、一括見積もりサービスなら、1回の入力で数十社の見積もり額を調べることができるので、カンタンに最安値の自動車保険を見つけることができます。

>>今すぐ一括見積もりサービスで最安値を見つける!(無料・5分)

中断証明書も引継ぎできる!

「中断証明書って、別の保険会社でも使えるの?」
「他社に乗り換えても、以前と同じ等級で再開できるの?」

中断証明書は以前の保険会社で作ったものだから、別の保険会社で再開するなんて難しそう…なんて思ってしまいますよね。

しかし、中断証明書があれば、当時の等級を引き継いで他社に乗り換えることができるのです。

当時の等級を引き継ぐと、どの自動車保険が一番安くなるかを比較して、なるべく保険料が安い保険会社に乗り換えましょう!

>>中断証明書を使って保険料が一番安くなる保険会社を調べる!(無料・5分)

満期日から期間が空いている場合(保険の空白期間)

満期日(保険契約の最終日)から8日以上経過しても、どの自動車保険とも契約しなかった場合、等級はリセットされてしまいます。

しかし、中断証明書があれば満期日に関係なく、好きな保険会社に当時の等級を引き継いで再開できます。

中断証明書を使った再開の手続き方法

中断証明書を用意する以外は、通常の自動車保険の契約と違いはありません。

 

自動車保険の中途更改|契約期間の途中のタイミングで解約して乗り換えられる?

自動車保険 乗り換え タイミング 途中解約

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

料金の差額でお得になる!自動車保険を契約途中で解約して他社に乗り換える手続き方法

「今加入している自動車保険は保険料が高いから、別の自動車保険に乗り換えたいんだけど?」
「契約の途中で他社に乗り換えると、保険料が高くなって損してしまうんじゃないの?」

今の自動車保険に不満があって乗り換えたいけど、契約途中で解約すると保険料が割高になるんじゃないかと心配になってしまいますよね。

契約が終わるまでは我慢するしかないのでしょうか?

しかし、保険契約の途中であっても解約することができ、他社に乗り換えると保険料は安くなるので差額で得をすることができます。

もし今加入している自動車保険に不満があって乗り換えを考えているのであれば、今すぐ乗り換えるべきです。

今よりも安くなる自動車保険を見つけてみませんか?

あまりの安さに驚きますよ!

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

契約満期前に自動車保険を乗り換えるには「解約」が必要

「満期日よりも前に、自動車保険を乗り換えるなんてできるの?」
「今の保険会社はサービスが悪いから、今すぐ別の保険会社に移りたい!」

保険契約が残っている状態で他社に移ることはできない、と思っている人も多くいます。

しかし、今の保険を解約すれば他社に移ることが可能です。

手続きは、とても簡単!

今の保険会社に「解約したい」と連絡するだけです。

保険会社に電話をする人が多いです。

短期率と解約返戻金とは?満期前の解約でも違約金はなく返金される金額が少なくなる

自動車保険では、契約の途中で解約しても違約金を支払う必要はありません。

その代わり、返金される金額がすこし少なくなります。

「違約金はなくても、返金される額が少なくなるのなら結果的に損してる…」なんて思ってしまいますが、そうではありません。

自動車保険を他社に乗り換えると保険料を驚くほど安くなるので、差額で得をすることができるのです。

解約返戻金(かいやくへんれいきん)とは

解約返戻金とは、途中で解約した場合に保険の残り期間の分の返金されるお金です。
ただし、返金される金額は通常よりも少なくなります。

短期率(たんきりつ)とは

短期率とは、契約期間中に自動車保険の契約を解約する場合に、返還保険料を計算するために用いられる係数のことです。

返還保険料は、通常の計算よりも少なくなります。

たとえば、1年間の保険料が1万円の自動車保険を半年で解約した場合を考えます。
解約返戻金は、半額の5千円となりますが、実際はもう少し少なく3千円~4千円となります。
いくら返金されるかは短期率という式で計算されます。
短期率は、それぞれの保険会社によって異なり、約款に記載されています。

満期前に自動車保険を切り替える理由は、自分にぴったりのプランに変更できる事!

「事故が起こった時の保険会社が対応がひどかった!今すぐ他社に乗り換えたい!」
「もっと自分に合った保険プランに変更したい!」

今の保険会社のサービスに不満があったり、契約した後で他社の方が安くて補償内容も充実していることに気が付いた!なんてことありますよね?

でも、今の自動車保険を解約して他社に乗り換えることで、あなたにピッタリの保険プランに変更することができるのです。

心当たりがある人は、他の自動車保険は「保険料がいくらなのか?」「補償内容は充実しているのか?」を調べてみませんか?

補償内容が同じなのに、あまりの保険料の安さに驚きますよ!

保険料を安くしなくてもいいから、保険料をそのままで補償内容を充実させたい!という人にもおすすめですね!

>>今すぐ他社の見積もり額を調べてみる!(無料・5分)

質問者「どんな理由があるんですか?」

回答者「具体的な例をあげていきますね!」

満期前に自動車保険を切り替える理由1:事故対応が不満だった

もしもの事故が起こった時でも安心できるように自動車保険に加入した。

しかし、いざ事故が起こった時に、加入している保険会社の対応がひどくてがっかりした。

担当者を決めるのに数日待たされ、分からないことを何度も聞くと面倒臭そうな声色になり、不愉快だった。
こんな対応しか出来ないのであれば保険に入っている意味がないと思った。
もっとしっかりした対応ができる保険会社に乗り換えたい。

満期前に自動車保険を切り替える理由2:補償内容が納得できない

保険料はケチらず、補償内容を充実させたプランに加入しました。

しかし、いざ相手の車と接触事故を起こした時に「うちの保険会社では補償対象外です」と言われ、相手や自分の損害額が十分に支払われなかった。

他社の自動車保険に加入している友人に相談しました。

すると、私よりも保険料が安いプランなのに友人の自動車保険では補償可能であると言われた。

もっと補償内容が充実した自動車保険の会社に加入すべきだったと後悔しました。

満期前に自動車保険を切り替える理由3:生活環境(ライフスタイル)の変化

結婚や離婚、転勤などの急なライフスタイルの変化によって、契約した自動車保険の内容があなたに合わなくなることがあります。

「保険会社に連絡して保険内容を変更すればいいんでしょ?」なんて思っていませんか?

しかし、あなたの状況が変わると、保険料の計算に影響します。

その結果、非常に割高で損な保険料になってしまうことがあるのです。

逆に、他の保険会社ではあなたの状況が変わったことで、非常に割安な保険料になることもあるのです。

他社の方が割安な保険料になる場合、途中で乗り換えた方がお得になります。

>>保険料が割安になる保険会社を調べるにはこちら

通勤方法

転職や転勤、会社の引っ越しなどによって通勤方法が変わると、保険料の計算に影響します。

結婚時

結婚によって保険の対象になる人が増減すると、保険料の計算に影響します。

親の離婚

親の離婚によって保険の対象になる人が増減すると、保険料の計算に影響します。

運転者の範囲の変更

運転する人、すなわち保険の対象になる人が増減すると、保険料の計算に影響します。

自動車の名義変更・譲渡

自動車が変わると、保険料の計算に影響します。

中途更改(途中解約)のメリット・デメリット!等級に影響なくデメリットは一切ない!

「自動車保険を途中で解約すると、デメリットが多いんでしょ?」
「途中で解約して他社に移ると、等級はなくなってしまうんじゃないの?」

たしかに、契約を途中で解約することで「なにかデメリットがあるんじゃ…?」と心配になってしまいますよね。

しかし、自動車保険を途中で解約して他社に乗り換えてもデメリットは一切ないんです。

解約して乗り換えても、これまでの等級を引き継ぐことができ、等級が上がる時期も変わりません。

乗り換えによって保険料が大幅に安くなるので、料金的にはお得になります。

このように自動車保険の乗り換えはメリットばかりで、デメリットはありません。

>>今すぐ他社の保険料を見積もる!(無料・5分)

中途更改とは?ー車の保険の内容を契約途中で変更すること

中途更改とは、今契約している自動車保険を任意解約(自分から解約を請求すること)して、新しい自動車保険に加入することです。

どうして、わざわざ解約して、他社に移るのでしょうか?
中途更改をする理由は、以下のようなケースです。

  • 他の自動車保険の方が保険料が安くて、魅力的だから
  • 他の自動車保険の方が保険料が同じで、補償内容が充実しているから
  • 今の自動車保険にはない補償が、他の自動車保険には付いているから
  • 今の自動車保険は事故が起こった時の対応がひどかったから

中途更改(途中解約)のメリットとは?

中途更改をするメリットは、以下です。

  • 今より保険料が安くなる
  • これまでと同じ保険料で、補償内容をより充実されられる
  • 前の保険会社にはなかった補償が受けられる
  • 急なライフスタイルの変化(転勤、結婚、離婚、車の買い替え等)があっても柔軟に対応できる

自動車保険は1年契約ですが、1年を待たずに「中途更改したい!」という人は少なからずいます。

中途更改(途中解約)にデメリットはない!保険期間通算特則とは?

途中で解約して他社に移る中途更改にデメリットはないのでしょうか?

「等級の進行が遅れてしまうんじゃないの?」といったデメリットを心配する人は多くいます。

しかし、中途更改にデメリットはありません。

これまでの等級を引き継ぐことができ、等級の進行が遅れることもありません。

等級の進行が遅れるとは?

具体的な例を出します。

たとえば、1月1日に6等級の自動車保険に加入したとします。

無事故で1年間満了し、翌年の1月1日に更新すれば、等級は6→7に上がります。

これは通常の等級の進行です。

ところが、1月1日にスタートしたこの保険を同じ年の7月1日に途中で他社に切り替えたとします。

前の保険は解約して、新しく7月1日に加入することになります。等級は6のままです。

この状態では、7月1日から6等級で1年間を過ごすことになります。

次の7等級に上がるのは、「翌年の6月1日」です。

本当は、1月1日に7等級にアップしていたのに、途中で乗り換えたことで翌年の7月1日にならないと7等級になれなくなってしまったのです。

これが「等級の進行が遅れる」ということです。

しかし、実際には「保険期間通算特則」があるので、このようになりません。

保険期間通算特則とは?

保険期間通算特則とは、自動車保険を契約途中で他社に切り替えても等級をそのまま継続するために存在します。

1月1日に6等級で加入した自動車保険を7月1日に他社に切り替えても、翌年の1月1日に7等級に上がります。

半年分の保険料を無駄になるデメリットもないまま、新しい保険に切り替えることができるのです。

保険期間通算特則の注意点

保険期間通算特則を使うには1点だけ注意点があります。

それは、乗り換え前の保険会社の解約日と、乗り換え後の保険会社の契約開始日(=始期日と言います)を同じ日にすることです。

もしそうでないと、来年の1月1日を迎えても契約日数が1年になりませんからね。

具体例
前の保険の解約日:平成〇×年7月1日
次の保険の開始日:平成〇×年7月1日

解約日も契約開始日も「何日にしますか?」と必ず聞かれるため、同じに日なるように設定してください。

手続きは即日!当日に乗り換え(切り替え)ても間に合う

自動車保険の乗り換え手続きは即日反映なので、当日に切り替えて続きをしても間に合います。

満期日になると自動車保険の契約が終了するため、「現在契約中の保険会社を継続更新する」か、「他社に乗り換えて続きをする」かを選択します。

「乗り換えの手続きはいつまでにすればいいの?」というよく質問がありますが、当日に行っても間に合います。

ただし、自動車保険は保険料の振り込みまでが終わって、はじめて契約が成立します。

手続きが当日になってしまう場合は、その日のうちに保険料の入金まで済ませられるようにスケジュールしてください。

複数年契約(主に3年契約)でも解約できる!

1年契約の自動車保険でも、複数年契約の自動車保険でも、まったく同じように解約することができます。

関連記事:(「自動車保険の乗り換え|中途更改(途中解約)に最適なタイミングは?」)では、「中途更改の詳細」や「解約返戻金の計算方法」について解説しています。

 

自動車保険の乗り換え|最適な手続きタイミングは?

自動車保険 乗り換え タイミング 手続き連絡

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

自動車保険を乗り換える前に保険料の相場を調べる!

「乗り換える前に、保険料の相場がいくらなのか知りたいんだけど?」
「保険会社ってたくさんあるから、見積もりを取るのにすごく時間かかるんでしょ?」

しかし、一度の入力でそれぞれの自動車保険の見積もり額を調べるサービスがあるため、保険料の相場がすぐにわかます。

見積もりにかかる時間はたった5分。料金も無料です。

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

満期日(まんきび)とは?保険契約の満了日で見直しのチャンス

満期日とは、自動車保険契約が満了する日のことを言います。契約最終日です。

自動車保険の切り替えるタイミングは?満期日の1か月前~満期日の7日後以内

自動車保険の切り替えは、満期日の1か月前~満期日の7日後以内に行われるのが一般的です。

満期日の1ヶ月より前に切り替えても問題ありません。

ただし、満期日から7日を過ぎると、等級がリセットされてしまうので注意が必要です。

自動車保険を切り替える注意点=前契約の解約と新規保険の契約を同じ日にすること!

満期日とは、保険契約の終了日です。

その日を過ぎると、事故が起きた時に保険が適用されなくなります。

保険会社によって異なりますが、満期日の24時ではなく、16時頃に保険が終了してしまいます。

そこで、満期日と新しい保険契約の開始日を同じ日に設定する必要があります。

自動車保険の乗り換え方は?(手順・手続き方法)

「別の自動車保険に乗り換えたいけど、手続きの方法がわからない…」
「今の保険会社にはどう連絡したらいいの?」

保険の契約と聞くと難しそうで、手続きの方法が気になりますよね?

しかし、自動車保険の見積もりを取れば、その後の手続き方法はすべて教えてもらえるので安心です。

見積もりを取り、保険料に納得すれば、保険の開始日を決めます。

その後、今の保険会社には「新しい保険会社が決まりました」と連絡をするだけです。

>>今すぐ見積もり額を調べる!(無料・5分)

手続きに必要な物は?(必要書類)

保険料の見積もり、自動車保険の乗り換えに必要なものは以下です。

  • 保険証券
  • 車検証
  • 運転免許証

※保険料の見積もりだけなら運転免許証は不要です。

保険証券とは

保険証券とは、自動車保険を契約した際に保険会社が発行する書類で、保険契約の成立および契約内容が記載されています。

車検証(正式名称:自動車検査証)とは

車検証とは、自動車が保安基準に適合していることを証明する書類です。

その自動車に関する情報が細かく記載されています。

運転免許証とは

運転免許証とは、自動車や原動機付自転車の運転に一定の技量が必要な機械装置や設備などの運転が許可されていることを示す公文書です。

乗り換えるかを決めたら前社への手続きは電話連絡のみ!

「別の自動車保険に乗り換えを決めたけど、今の保険会社にはどうやって連絡すれば良いの?」
「今の自動車保険を終了する手続きって大変なの?」

保険の手続きというと、なんだか難しそうですよね?

しかし、今の自動車保険を終了する連絡はとっても簡単なんです。

今契約中の保険会社に電話やメールで連絡して、「保険契約を終了したい旨」と「終了日」を伝えるだけです。

関連記事:(「自動車保険の乗り換え手順|手続き・連絡するタイミングは?」)では、「満期前後での手続きの違い」や「車の買い替えや解約などの手続き方法」について解説しています。

契約期間の重複に注意

自動車保険は、重複して加入することはできません。

たとえば古い契約が3月2日まで残っているのに、新しい契約が3月1日からスタートすると「3月1日」と「3月2日」の2日間は2つの保険契約があるため、契約期間の重複となってしまいます。

自動車保険の乗り換え連絡をするタイミングは?

今契約中の保険会社に「保険契約を終了すること」を連絡するタイミングですが、必ず次の自動車保険を決めてから行ってください。

でないと、無保険状態(自動車保険がない状態)になってしまいますので。

次の自動車保険を探すには、まず保険料の見積もりを取ることから始めてください。

それぞれの保険会社の保険料を知ることで料金の相場がわかり、選びやすくなります。

一回の入力で、それぞれの保険会社から保険料の見積もりを受け取れる一括見積もりサービスがあるので、活用してください。

>>今すぐ一括見積もりサービスで保険料を調べる!(無料・5分)

 

自動車保険の乗り換え|最適な車の買い替えタイミングは?

自動車保険 乗り換え タイミング 車買い替え

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

新車に買い替えると保険料が高くなってしまう!お得に自動車保険を乗り換えるチャンス

「車を買い替えただけで、保険料がとても高くなった!」
「新車に乗り換えたけど、保険料を節約できる方法はないの?」

自動車保険の料金は、車の価値や年式によって計算されます。

同じ自動車保険に加入していても、車を買い替えただけで自動車保険の保険料はかなり上がってしまうのです。

しかし、車の買い替えと同時に、自動車保険を乗り換えることで保険料>を節約することができます。

なぜ保険会社を変えると、保険料が節約できるのでしょうか?

その理由は、保険会社によって保険料を計算する方法が違うからです。

つまり、同じ車でも保険会社によって、料金が違ってくるのです。

それぞれの保険会社の見積もり額を比較すれば、買い替えた車で一番安く加入できる保険会社を知ることができます。

今はまだ保険契約の途中であっても、解約して乗り換えることで差額で得するので、保険料を節約することが可能です。

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

車両入替(しゃりょういれかえ)とは?

車両入替とは、自動車保険の対象となる車を変更する手続きを指します。

保険証券に記載されている車(契約車両)が、自動車保険の対象になります。

車を買い替えると自動車保険の対象が変わるため、車両入替を行わなければ、買い替えた車両で事故を起こしても保険が適用されません。

車を買い替えた場合は、必ず保険会社に連絡して車両入替を行なわければなりません。

車を買い替えると保険料が変わる

自動車保険の保険料は契約車両に対して計算されて算出されます。

そのため、車を買い替えると、新しい車に対して保険料が計算し直されます。

以前の保険料と新しい保険料との差額を支払う必要があります。

自動車保険の保険料は、「年払い」または「月払い」があります。

年払いであれば、契約時に保険料を支払っているので、さらに差額を支払う必要があります。

月払いであれば、車が変わった月から保険料の支払額上がります。

車の買い替えは、自動車保険を切り替えるチャンス!

車を買い替えると保険料が高くなるため、車の買い替えは自動車保険を切り替えるチャンスです。

関連記事:(「車両入替ダメ!車買い替えたタイミングで自動車保険を乗り換える理由」)では、「車両入替の手続きの手順・必要書類」や「車両入替のメリット・デメリット」について解説しています。

買い替えた車にマッチした保険プランに変更できる!

「車の買い替えに合わせて、保険プランを見直したい…」
「新車を買ったから補償内容を充実させたいけど、保険料が高くなってしまう…」

車の買い替えで保険料が高くなるのは、加入している自動車保険が買い替えた車にマッチしていないから。

しかし、買い替えた車にマッチした自動車保険に乗り換えることで、保険料を安くしたり、料金はそのままで補償内容を充実させることができるのです。

あなたのクルマに最適な自動車保険を見つけてみませんか?

>>今すぐ他社の保険料を見積もる!(無料・5分)

車の買い替えで4ナンバーへ変更した場合

4ナンバーとは、小型自動車で貨物用途の自動車です。

小型自動車なので、一般的なクルマよりも保険料は安くなるケースが多いです。

しかし、車の買い替えだけで済ませてしまうと、とても損することになります。

4ナンバーの車への買い替えは、保険料を大きく節約することができるチャンスです!

保険会社によって、保険料を計算する方式が違います。

車の買い替えと同時に、4ナンバーの車をより安く設定している保険会社に乗り換えれば、保険料を大幅に安くすることができるのです。

自動車保険を扱っている保険会社はたくさんありますが、それぞれの保険料の見積もりをたった一回の入力で調べることができます。

今はまだ保険契約の途中であっても、解約して乗り換えることで差額で大きく得をするので、保険料を節約することが可能です。

一番安い保険料がいくらになるのか、カンタンに調べてみませんか?

>>今すぐ他社の保険料を見積もる!(無料・5分)

自動車保険の乗り換えにはデメリットがない!

「車の買い替えと同時に、自動車保険を乗り換えたいけど、デメリットが心配…」
「本当に損しないの?」

乗り換えてしまって本当に大丈夫なのか、心配になりますよね?

しかし、自動車保険の乗り換えはメリットはあっても、デメリットはありません。

これまでの等級は、乗り換え先の保険会社でも引き継ぐことができます。

等級の進行(=等級アップ)も、乗り換えても乗り換えなくても同じです。

さらに保険料は安くなったり、買い替えた車にマッチした補償内容に変更できるので、デメリットはなく、メリットだけがありますよね。

>>今すぐ他社の保険料を見積もる!(無料・5分)

途中で車変更した場合

今の保険契約の途中で車を買い替えた場合、自動車保険も途中で解約することになります。

しかし、契約途中で乗り換えてもデメリットがないので、乗り換えがおすすめです。

新しく新車を購入した場合

新車を購入した場合、保険料は大幅に上がってしまいます。

そこで、新しい車が安くなる自動車保険に乗り換えることで、保険料を節約することができます。

新規契約では等級は初めから

新たに車を購入して新規で自動車保険に加入する場合、非常に高い保険料を支払わなければなりません。

保険料の見積もり額を比較して、安い自動車保険を選ばなければ、大きく損をしてしまうことになるのです。

そこで、あなたの条件(年齢、車種、走行距離、車の使用目的等)で保険料の見積もり額を調べましょう。

まったく人なのに保険会社によって、保険料が2倍3倍も違ってきます。

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

更新日:

テキストのコピーはできません。

Copyright© 自動車保険を乗り換えるタイミングはいつまで?満期前はデメリットあり? , 2018 All Rights Reserved.