車両入替ダメ!車買い替えたタイミングで自動車保険を乗り換える理由

自動車保険の乗り換え|手続き・連絡のタイミングは?

 

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

 

 

車両入替では保険料が大幅アップして損!車を買い替えたタイミングで自動車保険も乗り換えないとダメ!

「車を買い替えたら保険料が大幅に上がったけど、保険の満了日までガマンしないといけないの?」
「保険料が高いからといって、契約途中で自動車保険を切り替えるなんてできるの?」

 

たしかに、車を買い替えにお金を使って、さらに保険料も上がるとなると家計の負担は増すばかりですよね?

 

しかし、車の買い替えと同時に、自動車保険を他社に乗り換えることで保険料を大幅に安くすることができるのです。

 

自動車保険は新しい車ほど、保険料が高くなるように設定されています。(車両料率クラス)

 

車を買い替えると保険料がアップするため、車両入替の手続きを行った時点で、差額分を請求されます。

 

高級車やスポーツカーに買い替えると、「保険料が3倍になった!」なんて口コミもあるほど。

 

ところが、保険料とは曖昧で、保険会社によって2倍~3倍(もしくはそれ以上!)も違っているのです。

 

これは保険会社によって、どの項目(年齢、走行距離、車の使用目的、免許証の色など)を重視して保険料を算出するかが違うからなんです。

 

以下は、私が自分の車の自動車保険を見積もった時の金額です。

保険会社

他社A

他社B

他社C

保険料

65,000円

31,000円

85,000円

 

同じ条件(同じ人間、同じ車)なのに、保険会社によって何万円も違っていることがわかりますよね?

 

車を買い替えたことで保険料が上がってしまう前に、自動車保険を乗り換えて保険料を安く節約しませんか?

 

日本には、自動車保険を扱っている損保(損害保険会社)が何十社もあります。
自動車保険の一括見積もりインズウェブ

 

実は、たった1度の入力で、それぞれの保険会社の保険料をすぐに調べて比較するサービスがあります。

 

これなら新しく買い替えた車で加入しても、保険料が安く抑えられる保険会社をすぐに見つけることができますね。

 

今加入している保険会社は割高な保険料になっているかも!?

 

あなたの保険料が他社ではいくら安くなるのか、今すぐ見積もってみませんか?

 

あまりの安さに、きっと驚きますよ?

 

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

 

 

車によって保険料は違う?

Q:車によって保険料は違うのですが?
A:自動車保険では公平で合理的な保険料とするため、事故履歴や年齢などに応じて保険料を設定しています。
用途・車種や年齢など保険料を区分するものをリスク区分といいますが、リスク区分には人に関する区分と車に関する区分があります。
車に関するリスク区分は用途・車種、料率クラス、安全装置などがありますが、それらの内容に応じて事故の発生する危険度(事故の発生する頻度、損害額)が異なり実際の保険金の支払いにも格差が発生しているため、車によって保険料が異なることになります。

(参考資料:一般社団法人-日本損害保険代理業協会

 

車両入替とは?契約車両の変更と差額分の金額を支払う手続き

車両入替とは、自動車保険の契約対象車両を変更する手続きです。

 

自動車保険は人ではなく車に対して保険を掛けるため、契約対象の車が変わると保険会社に連絡して保険の対象となる車を変更する手続きをする必要があります。

 

リース契約などで、新たに借り受けた車両も同様です。

 

もし手続きをせずに新しい車に乗って事故が起きた場合、契約対象の車が違うため、自動車保険に入っているのに補償されず保険金が支払われないことになりかねません。

 

ドライバー保険は例外|車両入替の手続き不要

自動車保険の中には、車を持っていない人のための「ドライバー保険」という契約者を対象にした保険契約があります。

 

自動車保険全体の中でも特殊な例と言えますが、ドライバー保険であれば車にとらわれないため、車両入替の手続きは不要です。

 

車両入替の手順|車を買い替えて自動車保険会社に手続きするための条件・タイミング・方法・注意点

車両入替の手続きを行う手順を解説します。

Q:新たに車を買い替えました。自動車保険ではどんな手続きが必要ですか?
A:新たに車を取得され、今まで自動車保険をつけていた車が変更になった場合は、車両入替の手続きが必要となります。車両入替手続きを行わなかった場合、新規取得自動車の事故については保険の補償外となってしまいますので注意が必要です。
新たにお車を買い替える際には、速やかにご契約の代理店または保険会社までお申し出ください。


(参考資料:一般社団法人-日本損害保険代理業協会

車両入替をするための条件

車両入替をするには、いくつかの条件があります。

 

[車両入替をするための条件1]新しい車の所有者の名義

新しい車の所有者の名義が、以下のいずれかに該当していること。

  • 乗り換え前の契約車両と同じ
  • 契約中の保険の記名被保険者
  • 契約中の保険の記名被保険者の配偶者
  • 契約中の保険の記名被保険者及び配偶者の同居の親族

 

[車両入替をするための条件2]新しい車の車種・用途

新しい車の車種・用途が、以下のいずれかに該当していること。

  • 自家用普通乗用車
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用軽四輪乗用車
  • 自家用小型貨物車
  • 自家用軽四輪貨物車
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5t以下)
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5t超2t以下)
  • 特殊用途自動車(キャンピング車)

 

車種については一般の人が買うほとんどの自家用車を網羅していますが、用途については注意が必要です。

 

「会社で営業用のクルマを買ったので、その車に車両入替したい」といった手続きはできません。(事業用自動車に車両入れ替えは不可)

 

車両入替の手順

  1. 車の販売会社またはディーラーから、新しい車の「車検証」または「車検証のコピー」をもらう
  2. 納車日を決める
  3. 車両入替の手続きを済ませる(必要なら書類を提出)
  4. 保険料の差額を精算する

 

車両入替の手続きタイミング

車両入替の手続きをするタイミングは、納車前から可能です。

 

新しい車に買い替えが決まったタイミングで、保険会社に連絡をして、指示に従って手続きをしましょう。

 

どれだけ遅くとも、必ず納車日までには手続きを完了してください。

 

手続きの完了とは、手続きをした後に差額の保険料の支払いまで完了させる必要があります。

 

さもなければ、新しい車が補償の対象とはなりませんので注意してください。

 

自動車保険の会社に勤めていた頃、車両入替の手続きをするお客様から「新しい車はいつから補償されるの?」という質問を頂いていました。

 

車両入替の手続きをすると、新しい車が届く納車日をお伺いするため、その納車日が「新しい車の補償の開始日」に設定されます。

 

それまでは古い車を運転されるでしょうから、古い車が補償対象になっています。

 

※補償とは、損害・費用などを補いつぐなうことです。

 

車両入替の手続き方法

車両入替の手続きは、「新しい車に対しての手続き」と「保険会社に対しての手続き」があります。

 

新しい車に対しての手続き

車両入替の手続きをする前に、新しい車に対しての手続きを終わらせておく必要があります。

 

たとえば、人から車を譲ってもらった場合は、名義変更を先に行います。

 

車検証の所有者の名義が、前の所有者(他人)のままになっている場合は、車両入替の手続きができません。

 

保険会社に対しての手続き・必要書類

車検証が更新できたら、保険会社へ連絡します。

 

すると保険会社から指示がありますが、必要書類を提出することになります。

 

必要書類とは、「車検証のコピー」です。

 

車検証が間に合わないことがありますので、その場合は「売買契約書など」で代用します。

 

保険会社が車両入替で必要とする項目は、以下です。

  • 型式
  • 車名
  • 初年度登録年月
  • 登録番号(ナンバープレート)
  • 車台番号
  • 所有者
  • 使用者

 

車両入替の申し込みが終わると、新しい車に対する保険料が再計算されます。

 

自動車保険は車が新しいと保険料が高くなるため、ほとんどの場合は保険料が上がり、差額を請求されます。

 

差額分の金額を精算した時点で、車両入替の手続きが完了となります。

 

保険会社によっては割高に計算されて、保険料が大幅に上がってしまう可能性があります。

 

新しい車に対して、保険料が安くなる保険会社を探すと保険料を大幅に節約することができます。

 

車両入替の注意点

車両入替をする上で、気をつけるべき注意点をまとめます。

 

[車両入替の注意点1]車両入替えの手続きには期限がある!30日以内!

新たに車を取得した日(車検証ができた日)の翌日から数えて30日以内です。

 

[車両入替の注意点2]契約者の名義に変更がないこと

自動車保険の契約者の名義が変わっていると、車両入替えができません。

 

名義に変更がある場合は、まず自動車保険契約の名義変更をしてから車両入替の手続きを行ってください。

 

車両入替ではなく、自動車保険を他社へ乗り換えるべき理由

車両入替の手続きをすると、保険料が高くなり、差額分を追加で支払う必要があります。

 

保険料は保険会社によって大きく異なり、2倍~3倍(もしくはそれ以上!)も違ってきます。

 

つまり、今あなたが加入している保険会社が高い料金設定だった場合、新しい車になったことで保険料が非常に割高に計算される可能性があるのです。

 

もしも安い保険会社を見つけて切り替えることができれば、お金を追加で払うどころか、お金が返ってくることもあります!

 

ここまで言うと、「安い保険会社ってどうやって見つければいいの?」という声が聞こえてきそうですね?

 

しかし、たった1度の入力ですべての保険会社の保険料を調べて、どこが安いかをカンタンに比較できるサービスがあるのです。(無料)

 

これなら、あなたの条件での保険料の相場が分かり、今加入している保険会社が割高なのか割安なのか、乗り変える必要があるのかどうかもすぐにわかってしまいます!

 

5分で調べられるので、今すぐ調べてみてはいかがでしょうか。

 

>>自動車保険の保険料を調べる(無料・5分)

 

実は面倒!?自動車保険の車両入替の手続き

車を買い替えて車両入替の手続きをしようとすると、保険会社から「古い車がこれまで走った距離」を調べるように言われます。

 

これはオドメータを使った数値の差分計算が必要で、「車両入替の手続きってすごく面倒!」と敬遠される理由にもなっています。

 

新車を購入した場合、中古車を購入した場合、車を譲り受けた場合とでそれぞれの手順を説明します。

 

[車両入替の手続き]新車を購入した場合
  1. 現在利用している車の積算距離計の数値をメモしておく
  2. 新車の車検証・積算距離計の数値を用意する
  3. 手続き開始
[車両入替の手続き]中古車を購入した場合
  1. 現在利用している車の積算距離計の数値をメモしておく
  2. 新車の車検証・積算距離計の数値を用意する
  3. 10年以上前の車は車両保険がつけられない可能性がある
[車両入替の手続き]車を譲り受けて入れ替える場合
  1. 現在利用している車の積算距離計の数値をメモしておく
  2. 新車の車検証・積算距離計の数値を用意する
  3. 前所有者の保険契約を解除する

 

車の買い替えと同時に自動車保険を乗り換えた方が簡単!

車両入替ので自動車保険料が高くなると言いましたが、高級車・スポーツカーに切り替えた場合は保険料はさらに高くなります。

 

車両入替の口コミでは、自家用車から高級スポーツカーに乗り換えたところ、車両入替後に保険料が3倍になったという人もいます!

 

そうした金銭的なリスクがあるため、スポーツカーで加入した場合に保険料が安くなる保険会社を探すほうが経済的におすすめです。

 

>>自動車保険の保険料を調べる(無料・5分)

 

 

買い替えた車にマッチした保険プランに変更できる!車の切り替えと同じタイミングで自動車保険の乗り換えがおすすめな理由

自動車保険を途中で解約すると自分にピッタリの保険プランに変更できる

「車を買い替えたけど、保険料が割高になってしまった…」
「新しい車に対する補償が不十分だった…」

 

たしかに、車を買い替えた途端、「保険料が高くなって、付けたかった補償を付けられなかった」なんて話はよく聞きますよね?

 

しかし、車の切り替えと同じタイミングで自動車保険を他社に乗り換えると、保険料が大幅に節約できて、補償を充実させることも可能です。

 

そもそも乗り換え前の保険会社に、新しい車に付けたかった補償が用意されていなかった…なんてことも。

 

車両入替の手続きをして、追加で支払う差額の金額の大きさに後悔する前に!

 

車の買い替えは、保険を見直す絶好のチャンスです。

 

他社では保険料がどれだけ安くなり、補償内容を充実させることができるのか?

 

一度調べてみてはいかがでしょうか。

 

あまりの安さに驚きますよ?

 

>>他社の保険料を調べる(無料・5分)

 

 

[車両入替ではなく自動車保険の乗り換えがおすすめの理由1]保険料が安くなる

自動車保険は、保険契約の対象となる車両が変わると、その時点で保険料が再計算されます。

 

そのため、車を買い換えると自動車保険の契約途中であっても保険料が再計算され、追加の費用が発生します。

 

車の年式や価格などの情報は、「料率クラス(りょうりつくらす)」という項目によって数値化されます。

 

料率クラスの数値が高ければ保険料も上がり、数値が低ければ保険料も安くなるのです。

 

ただし、保険会社によって料率クラスがどこまで重視されるのかが変わってきます。

 

つまり、新しくて値段の高い車に買い換えたら料率クラスを重視しない保険会社のほうがお得ですし、年式が古くて安い車に買い換えたなら料率クラスを重視する保険会社の方がお得になります。

 

とは言え、あまり年式が古すぎると「事故に遭うリスクが高くなる」とみなされて保険料が高くなってしまいますが。。

 

まとめると、あなたが買い替えた車に対して、保険料を一番お得に計算してくれる自動車保険を探すべきなのです。

 

それだけで、補償内容が同じでも、年間で何万円も節約することができます!

 

すべて保険会社の料金を簡単に比較して最安値を見つけられる一括見積りサービスがおすすめです。(無料)

 

[車両入替ではなく自動車保険の乗り換えがおすすめの理由2]これまでと同じ保険料で、補償内容をより充実されられる

車を買い換えると保険料が大幅に高くなったため、「金額を下げるために、補償を手薄にしてしまった…」なんて声がお客様からありました。

 

保険会社によってベースとなる保険料があるため、その保険会社と契約し続ける限りは、補償内容を犠牲にせざるを得ません。

 

しかし、いざ事故があった時に困るのはあなたですよね?

 

私も昔、車を新しく買い換えたことがありますが、古い車の時と同じ補償内容に設定すると保険料が5万円もアップしました。

 

そこで、もっと保険料が安くなり、補償を充実させることができる保険会社を探しました。

 

最近では一括見積もりサービスで簡単に探すことができるようになっています。

 

その結果、車を新しく買い替えても、保険料も高くならず、補償内容も同じ設定の保険会社を見つけることができたのです。

 

あなたも自分の予算内で、補償を充実させることができる保険会社を選んでみませんか?

 

[車両入替ではなく自動車保険の乗り換えがおすすめの理由3]より自分に合った保険プランになる、前の保険会社にはなかった補償が受けられる

「車を買い替えたので、盗難時の補償に力を入れたい!」など、従来の保険プランから新しい車にマッチした保険プランに変更したいという人もいますよね?

 

ところが、契約中の保険会社のプランでは、十分な補償を設定できないケースがあります。

 

その場合は、新しい車に合った保険プランを用意している保険会社を探してみてはいかがでしょうか?

 

最近ではそれぞれの保険会社のプランを簡単に比較できるので、一度調べてみるのがおすすめです。

 

[車両入替ではなく自動車保険の乗り換えがおすすめの理由4]急なライフスタイルの変化(転勤、結婚、離婚、車の買い替え等)があっても柔軟に対応できる

生活をしていると、急な転勤、結婚、離婚、子供が車を運転するようになった等のライフスタイルの変化がありますよね?

 

これも車の買い替えと同じですが、保険料が割高に計算されてしまうことになります。

 

たとえば、結婚・子供の運転免許取得などで車を運転する人が増えた場合、相場以上に保険料が上がってしまうケースがあります。

 

逆に、離婚や子供の独立などで車を運転する人が減った場合、本当は保険料が安くなるはずなのに、ほとんど変わらなかったというケースも。

 

こうしたライフスタイルの変化があったときは、保険を見直すチャンスなのです!

 

これだけで保険料は何万円も違ってくるので、損してしまう前に、調べてみはいかがでしょうか?

 

事例紹介:車の買い替えと自動車保険の変更手続き方法

車の買い替えと同時に、自動車保険の変更手続きをされた方の事例をご紹介します。

 

Aさんは自動車事故を遭って車を買い替えました。

 

事故相手から車の修理代をもらいましたが、同じ車ではなく、年式の新しい車に買い換えました。

 

すると、自動車保険の契約途中ですが、保険会社から「保険料がアップしたので差額の保険料を支払って欲しい」との連絡がありました。

 

車の修理代は事故相手が出してくれますが、保険料のアップ分は事故相手は出してくれません。

 

そこでAさんは、事故前と同じ保険料&補償内容で新しい車を受け入れてくれる自動車保険を探しました。

 

すると、車が新しくなったのに、事故前よりも安い保険料で加入できる保険会社を見つけることができました。

 

補償内容もまったく同じなので、Aさんは満足して乗り換えることにしました。

 

車の買い替えと同時に自動車保険を探そうとしても、保険会社は「東京海上日動」「損保ジャパン日本興亜」「あいおいニッセイ同和損保」「JAの自動車共済」「SBI損保」など…まだまだたくさんありますよね?

 

しかし、最近では各社の保険料と補償内容をカンタンに比較できるサービスが登場しています。

 

もし「どの自動車保険が良いのかわからない…」という方は利用してみてはいかがでしょうか。

 

>>自動車保険の保険料を調べる(無料・5分)

 

 

車の切り替えと同じタイミングで自動車保険を乗り換えるメリット・デメリットは?

自動車保険の中途更改(途中解約)はデメリットなし!等級は引継ぎできてアップするタイミングも同じ

「車を買い替えたので、自動車保険も見直したい!」
「まだ自動車保険の契約中なんだけど、他社へ乗り換えても大丈夫なの?」

 

車を買い替えたタイミングで保険も見直したいけど、「まだ契約期間中だからどうしよう…?」って悩んでいる人は多いですよね。

 

しかし、車を買い替えたら保険料が上がってしまうので、今すぐ自動車保険を他社に乗り換えるべきです。

 

保険契約の対象車両が変わると保険料も変わってしまい、すぐに差額の保険料を支払う必要が出てきます。

 

以前よりも年式が新しい車に買い替えると、保険料は上がってしまいますが、保険会社によっては割高な請求をされることがあります。

 

また、以前よりも価格が安い車に買い替えると、保険料は下がりますが、保険会社によってはあまり安くならないこともあるのです。

 

そこで、新しい車で計算したときに一番安くなる自動車保険を探すのがおすすめです。

 

保険の契約期間中であっても、車を買い替えたタイミングで他社に乗り換えるべきです。

 

そのことによるメリットは豊富にありますが、デメリットは一切ありません。

 

自動車保険の保険料は、保険会社によって2倍~3倍(もしくはそれ以上!)も違います。

 

あなたの保険料がいくら安くなるか、一度見積もってみてはいかがでしょうか。

 

あまりの安さに驚きますよ?

 

>>自動車保険の保険料を調べる(無料・5分)

 

 

車の買い替えと同じタイミングで自動車保険を乗り換えるメリット・デメリット

 

メリット

車の買い替えと同じタイミングで自動車保険を乗り換えるメリットは、以下です。

  • 今より保険料が安くなる
  • これまでと同じ保険料で、補償内容をより充実されられる
  • 前の保険会社にはなかった補償が受けられる
  • 急なライフスタイルの変化(転勤、結婚、離婚、車の買い替え等)があっても柔軟に対応できる

 

デメリット

車の買い替えと同じタイミングで自動車保険を乗り換えるデメリットはありません。

 

乗り換え前の保険会社で適用されていた「等級」を引継ぐことができ、1年間無事故なら等級は上がります。

 

また契約途中で解約して、他社に乗り換えたとしても等級の進行(等級が上がる速度)に影響はありません。

 

デメリットがない理由:乗り換えても等級・事故歴を引き継げる

車を買い替えたタイミングで、自動車保険を他社に乗り換えるデメリットがない理由を説明します。

 

自動車保険を他社に乗り換えると、等級・事故歴(事故有係数適用期間)が引き継がれます。

 

つまり、自動車保険を乗り換えても乗り換えなくても、条件が変わらないのです。

 

そのため、自動車保険の乗り換えにはデメリットがありません。

 

デメリットなく、料金を安く抑えたり、補償を手厚くすることができるので非常におすすめです。

 

※乗り換え前よりも料金が安くなるということは、乗り換え前と料金を同じにする代わりに、より補償内容を充実させることも可能です。
※たとえば、車両保険をつけたり、事故時の保険金を増額したり、免責(事故時の自己負担額)をナシにしたり…。

 

保険期間通算特則|車の買い替えと同じタイミングで自動車保険を乗り換えても等級の進行も遅くならない

車の買い替えと同時に保険会社を乗り換えると、それまで契約していた保険会社を一度解約する必要があります。

 

解約してしまうと、等級の進行(等級がアップする速度)に影響が出るのでは?と心配される方がいますが、そんなことはありません。

 

たとえば、2018年1月1日に損保Aと契約して、半年後の2018年7月1日に車の買い替えと同時に損保Aを解約、損保Bに乗り換えた場合を考えます。

 

損保Aでは1年も立っていないので、次に等級がアップするのは「損保Bに加入した日(2018年7月1日)から1年後になる」という人がいますが、それは間違いです。

 

保険期間通算特則によって、損保Aの期間と損保Bの期間が合算されるため、無事故であれば損保Aと契約した日(2018年1月1日)から1年後に等級がアップします。

 

つまり、自動車保険を解約して他社に乗り換えても乗り換えなくてもまったく違いがないのです。

 

中断証明書で等級をキープ!車の買い替えに時間がかかって自動車保険の空白期間ができるなら

自動車保険に入っていて車を買い替える場合に、買い替えまでの期間が短ければ問題はありません。

 

ところが、期間が長く空いてしまい、車がない期間が長く続くときはどうすればよいのでしょうか?

 

車がないのに自動車保険を加入し続けるのは、もったいないですよね。

 

かと言って、自動車保険を解約してしまうと、空白期間が生じて等級はリセットされてしまいます。

 

しかし、そんな時は「中断証明書」を発行することで等級を保存することができます。

 

しばらく車に乗る予定がなくなった際に、保険会社に申請することで発行されます。

 

中断証明書を発行すると保険契約は中断されて保険料を支払う必要がなくなり、将来また車を運転することになった時に、以前と同じ等級から再開することができます。
再開するときは以前と同じ保険会社である必要はなく、保険料が安くなる保険会社を探して契約しても、中断証明書を使って過去の等級から再開することができるのです。

 

得する裏技とは?自動車保険の一括見積もり方法

「自動車保険の保険会社ってたくさんあって、どこが安いのかわからない…」
「1社1社どこが安いのか調べるのはとても大変だ…」

 

たしかに、いくら保険料を安くしたくても、保険会社は数十社もあるので、1社1社見積もりを取っていくのは大変ですよね?

 

しかし、自動車保険の一括見積りサービスなら、たった1度の入力ですべての保険会社の保険料を調べて、どこが安いかを比較することができるのです。

 

これなら、どの保険会社が一番安いのかすぐにわかりますね!

 

同じ条件(同じ人、同じ車)でも、保険会社によって保険料は何万円も違ってきます。

 

今あなたの加入している保険会社は割高ですか?それとも割安ですか?

 

一度あなたの条件で保険料がいくらになるのか調べてみてはいかがですか。

 

あまりの安さに驚いてしまいますよ?

 

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)