自動車保険の乗り換え|安い保険料に切り替える最適なタイミングは?

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

 

保険料が驚くほど安くなる!安い自動車保険に乗り換えるタイミングは今!

保険太郎

はじめまして。

大手ダイレクト自動車保険の会社に勤めていた「保険太郎」です。

自動車保険の専門家として、解説していきます。

保険料を安くするために、自動車保険の他社への乗り換えを検討されているお客様は、以下のようなことを心配されています。

「もっと安い自動車保険に変えたいけど、乗り換えるタイミングがわからない」
「タイミングが悪いと、保険料って高くなってしまうんでしょ?」

保険料を節約したいけど、自動車保険を乗り換えるタイミングって難しいですよね?

しかし、どのタイミングで乗り換えても保険料を安くすることができるんです。

私が自動車保険会社に勤めていた頃、「保険料を節約したいけど、どうすればいいの?」というご質問をたくさん頂きました。

もしあなたが保険料を節約したいなら、今すぐ保険会社を乗り換えることをおすすめします!

条件(年齢、等級、走行距離など)がまったく同じ人なのに、保険会社が違うだけで、保険料が2倍や3倍も変わってしまうからです。

以下は、私が自分の車の自動車保険を見積もった時の金額です。

保険会社 他社A 他社B 他社C
保険料 65,000円 31,000円 85,000円

同じ人間、同じ車なのに、保険会社によって何万円も違っていることがわかりますよね?

「乗り換えは満期日を基準にしましょう」なんて言われますが、そんなことはありません。

安い保険会社に乗り換えれば、タイミングに関係なく、差額で大きく得をすることができるのです。

とは言っても、保険会社ってたくさんありますよね?

※日本で自動車保険を扱っている損保だけで数十社もあります。

実は、たった1度の入力で、それぞれの保険会社の保険料をすぐに調べて比較するサービスがあるのです。

これなら、それぞれの保険会社の保険料をカンタンに比較できるので、すぐに一番安い自動車保険を見つけることができます!

あなたの保険料が他社ではいくら安くなるのか、今すぐ見積もってみませんか?

あまりの安さに、きっと驚きますよ?

他社の保険料を調べる(無料・5分)

 

安い自動車保険ランキング!日本で一番安い自動車保険は?

安い自動車保険のトップ5をご紹介します。

調査会社によって多少の順位の変動があっても、不動のトップ5です。

[安い自動車保険ランキング]SBI損保(自動車保険)

SBI損保の自動車保険

保険太郎
SBI損保は、保険料の安さにこだわったコストパフォーマンスに優れた自動車保険です。
  • 中間コストをカットしたネット保険ならではの納得の保険料
  • 事故受付サービスも24時間365日対応と安心体制
  • 急なクルマのトラブルでも安心!ロードサービスは無料で利用可能

[安い自動車保険ランキング]イーデザイン損保

保険太郎
イーデザイン損保は、東京海上グループの安心を、安い保険料で提供する自動車保険です。
  • もしもの事故も安心!事故対応のプロフェッショナル集団
  • 急な車のトラブルにも安心の充実したロードサービス
  • 充実した保険プランを安い価格で提供

[安い自動車保険ランキング]チューリッヒ(自動車保険)

保険太郎
チューリッヒ保険は、徹底したコスト削減で低価格を実現した自動車保険です。
  • 非常にリーズナブルな価格設定!30~40代はさらに安い!
  • ロードサービスは業界最高レベルと評判!
  • シンプル設計でわかりやすい保険プラン

[安い自動車保険ランキング]ソニー損保

保険太郎
ソニー損保は、ダイレクト自動車保険15年連続売上No.1ともっとも支持され続けている自動車保険です。
  • 走った分だけ、という合理的な保険料
  • 事故発生時にスピーディーな対応
  • 必要な内容がひと通り揃った隙のないロードサービス

[安い自動車保険ランキング]三井ダイレクト損保

三井ダイレクト損保

保険太郎
三井ダイレクト損保は、すべてにおいて平均以上のサービスを提供する自動車保険です。
  • 高いコストパフォーマンスが魅力!「安心の事故対応を、納得の保険料で」
  • 事故対応満足度は92.8%!
  • 「問い合せ窓口」「WEBサポート」両部門において最高ランク

日本で一番安い自動車保険はどこ?

保険太郎
日本で一番安い自動車保険はどこなのでしょうか?

さきほど、安い自動車保険ランキングのトップ5をご紹介しました。

この5社は非常に安いので、あとはその人の年齢や車によって順位が多少変動するくらいです。

よって、日本で一番安い自動車保険を見つける方法は、以下の5社を含めて一括で見積もりを取ってみることです。

  • SBI損保
  • イーデザイン損保
  • チューリッヒ
  • ソニー損保
  • 三井ダイレクト損保

そうすれば、あなたが加入する場合に日本で一番安い自動車保険が見つかりますよ!

→自動車保険の一括見積もりはこちら(無料&5分)

 

もしもの時の事故対応は大丈夫?安い自動車保険の口コミ&評判

保険太郎
安い自動車保険がわかったら、次は「その保険会社の事故対応はどうなのか?」を口コミや評判から見ていきましょう。

いくら保険料が安いからと言って、事故時の対応が良くないと安心して加入できませんよね?

そこで、安い自動車保険各社の事故対応の口コミ&評判を集めてみました。

[安い自動車保険の口コミ&評判]SBI損保(自動車保険)

バッテリー上がりで電話をかけた時は、まずこちらの状況を気遣っていただき、その後に的確な説明がありました。

場所を確認したあと、1時間ほどで到着と言われましたが、実際には30分ほどで来てくださいまいた。

(40代・男性)

保険料は安く、それ以外のサービスは及第点です。

トータルではコスパが高い保険会社だと思います。

(30代・男性)

SBI損保に加入して1度だけ、事故を経験しましたが、無難に対応してくださいました。

後日担当者から連絡があり、基本的にメールと電話でのやり取りだけで、示談までたどり着けたので、こちらの時間も取られずに良かったです。

(20代・女性)

[安い自動車保険の口コミ&評判]イーデザイン損保

こちらから追突した事故だったので、事故相手はカンカン!

でも、イーデザイン損保に電話をすると、担当者が私の代わりに、事故相手と話してくれました。

今後の説明も丁寧にしてくださったそうで、事故相手の方も納得してくださいました。

イーデザイン損保の担当者が電話を替わってくれなかったら、あの時どうなっていたか…。

(30代・女性)

他の車との接触事故を起こしてしまった時、慌てて電話したのですが、担当者のしっかりした対応に救われました。

保険料は安いですが、東京海上グループなので、とてもしっかりとした保険会社だと感じています。

(50代・男性)

大手損保グループに属しているからか、保険金の支払いなど対応が少し遅いように感じる。

事故が遭ってクルマが大破したため、修理代が高額になった時に、保険金の支払いにかなりの時間がかかった。

(40代・男性)

[安い自動車保険の口コミ&評判]チューリッヒ(自動車保険)

チューリッヒは外資系損保なので、保険料がとても安いです。

ただ、全国の工場と提携しているため、事故やトラブルがあってもすぐに駆けつけてくれるところが魅力です。

(30代・男性)

安い自動車保険はどうかな?って思ってました。

でも、もらい事故があって連絡した時に、スピーディーな対応をしていただき、信頼感が増しました。

(50代・女性)

事故を起こしたことはありませんが、以前問い合わせのコールセンターに電話したとき、なかなか繋がらなかったのが残念でした。

事故の受付とは番号が違うので、もしもの事故の時は大丈夫だと思うのですが…。

(60代・男性)

[安い自動車保険の口コミ&評判]ソニー損保

安さに惹かれて加入しました。

保険料は合理的で納得感があります。

(20代・男性)

事故が起こった時に、対応のスピード感がありました。

専任のチーム体制のようで、担当者が不在でもチームで動いてくれます。

(40代・女性)

これまで2度、事故でお世話になりましたが、担当者の当たりハズレがありそうです。

物腰は丁寧ですが、ソニー損保にとって損にならないように持って行ったり、保険金の支払いを出し渋る人もいたりします。

(30代・男性)

[安い自動車保険の口コミ&評判]三井ダイレクト損保

大手損保の三井グループ(MS&ADインシュアランス グループ)なので、安心感があります。

しかも、ネット保険なので、保険料が安い!

コスパの高い自動車保険ですね。

(30代・女性)

価格や補償内容、事故時のサポートなど、可もなく不可もなく。

特に特徴がない損保と言う印象です。

そこが良い、と言う人もいるかもしれません。

(50代・男性)

遠方で車が故障したときに、宿泊費用サービスを利用できました。

現地の近くで宿泊しましたが、宿泊費は三井ダイレクト損保が出してくれたので、急な出費が抑えられて有難かったです。

(40代・男性)

気に入った保険会社の見積もりを取る(無料)

 

 

自動車保険は乗り換えと継続ならどちらがお得?メリット・デメリットを比較

「乗り換え」と「継続」なら自動車保険はどちらがお得なのか、それぞれのメリット・デメリットを比較してみます。

  メリット デメリット
乗り換え 〇保険料が安くなる
〇同じ金額で、保険の内容を充実させられる
〇以前はなかった補償を受けることができる
〇乗り換え割引特典・キャンペーンが受けられる
〇急なライフスタイルの変化にも柔軟に対応
〇事故があっても保険料が安くなる
なし
継続 〇継続割引が受けられる(ただし割引率1%) ×保険料が高いまま
×乗り換え割引特典やキャンペーンを受けられない

~乗り換えると保険料はいくら安くなるの?(無料・5分)~

 

自動車保険を乗り換えるメリット:自動車保険料が安くなるだけじゃない

保険太郎
自動車保険を乗り換えるメリットはたくさんありますが、一番は「保険料が安くなること」です。

保険料は保険会社によって何万円も違うのです。

自動車保険を乗り換えることで、条件・補償内容はこれまでと同じで料金だけを安くすることができるのです。

もちろん、単に料金が安くなる以外にもメリットはたくさんあります。

【自動車保険を乗り換えるメリット】

  • 保険料が安くなる
  • これまでと同じ金額で、条件・補償内容をより充実させることができる
  • 以前の保険会社にはなかった補償を受けることができる
  • 乗り換え割引特典・キャンペーンが受けられる
  • 急なライフスタイルの変化(転勤、結婚、離婚、車の買い替え等)にも柔軟に対応できる
  • 事故後でも保険料が安くなる

自動車保険を継続すると大損!保険料が半額になった事例

「自動車保険の乗り換えで保険料が安くなる!」と言われても、「じゃあ一体いくら安くなるの?」って思ってしまいますよね?

そこで具体的な例を出して金額の違いを見ていきます。

以下の条件のAさんがいたとします。

年齢:26歳
等級:9等級
車:ホンダ・N-BOX

Aさんが自動車保険に加入すると、年間の保険料は以下となります。

ソニー損保:60,470円
三井ダイレクト:73,650円
損保ジャパン日本興亜:226,210円
アクサダイレクト:94,190円

Aさんはアクサダイレクトからソニー損保に乗り換えたことで、年間の保険料を3万円以上ダウンすることに成功!

自動車保険料を大幅に節約できました。

特に損保ジャパン日本興亜とソニー損保では、保険料に3倍以上も差がありますね!

実際に見積もってみるといくらお得になるかがすぐわかりますよ。(無料・5分)

自動車保険を乗り換えるデメリットはない

私は保険会社に勤めていましたが、実は自動車保険を他車に乗り換えることによるデメリットはありません

しかし、乗り換えるだけで保険料が格安になるのでメリットは大きいのです!

調査によると自動車保険を乗り換えた人の平均で3万円以上も安くなっています。

平均で3万円以上ですよ!(5万円以上安くなった人も)

あなたは浮いた数万円で何をしますか?

>>他社の保険料がいくらなのか見積もってみる!(無料・5分)

 

自動車保険のおすすめプランはコレだ!安心の補償内容&特約を付けて安い保険料を実現!

保険太郎
安心の補償&特約を付けて保険料を安くするための「自動車保険のおすすめプラン」をご紹介します。
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
人身傷害保険 あり(3,000万円)
搭乗者傷害保険 なし
車両保険 予算が合えば付ける
特約 弁護士費用特約

自動車保険(損害保険)は掛け捨ての保険なので、最低限の補償内容からスタートして、ご自身が大切だと思う部分を手厚く補償することをおすすめします。

対人や対物は過去の事例から、数億円と言う判例が出ているため、どちらも無制限とすべきです。

搭乗者傷害保険は、人身傷害保険と被る部分が多いので、人身傷害保険を付けていれば必要性は高くありません。

車両保険は付けたいところですが、つけると保険料が大きく上がってしまうため、予算と相談して考えてください。

特約としては「弁護士費用特約」を付けましょう。

保険会社は、契約者に過失がなければ動くことができません。

もしも相手側がゴネてきた場合、こちらの保険会社が動いてくれないので、あなたは相手の保険会社と直接相手をしなければなりません。

相手はプロなので、不利な交渉になってしまうことがあります。

しかし、弁護士費用特約をつけていれば、相手がゴネてきた場合でも弁護士に対応を任せることができます。

その弁護士費用を保険会社が負担してくれるという訳です。

>>おすすめの保険プランで見積もってみる!(無料・5分)

 

お得な割引キャンペーン・乗り換え特典が適用!安い自動車保険に切り替えるには?

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

「割引キャンペーンを利用して、自動車保険を安く乗り換えたい!」
「乗り換え特典を用意している会社と用意していない会社があるから、結局どこが一番安いかわからない!」

たしかに、割引キャンペーンや乗り換え特典って保険会社ごとにあったりなかったりするため、1社1社比較するのは大変ですよね?

しかし、割引キャンペーンや乗り換え特典の適用後の見積もり額を比較することで、一番安い自動車保険がどこかを見つけることができるのです。

自動車保険の料金は、たとえ同じ人であっても保険会社が変わるだけで何万円も変わってきます。

それは保険会社によって、基本的な料金形態だけでなく、割引キャンペーンや乗り換え特典を用意しているか用意していないかも大きく関わっているのです。

あなたの保険料がいくら安くなるのか、今すぐ比較してみませんか?

>>他社の保険料がいくらなのか見積もってみる!(無料・5分)

お得な割引キャンペーン・乗り換え特典でお得に乗り換えるには?

自動車保険には、各種割引やキャンペーン、他社から乗り換えると受けられる特典があります。

具体的には、どういったものがあるのでしょうか?

代表的なものを紹介します。

インターネット割引とは

ネット経由で自動車保険に申し込みをした場合に適用される割引です。

保険会社によって割引額が異なり、3,000円または10,000円が主流です。

年間数万円の保険料から、1万円も割引があると大きいですよね!

ゴールド免許割引とは

ゴールド免許割引とは、保険契約の開始日時点で、車のメインドライバー(保険証券上の「記名被保険者」)の免許の色が「ゴールド」である場合に適用される割引です。

グリーン免許、ブルー免許は対象外となります。

割引率は保険会社によって大きく異なります。

新車割引とは

新車割引きとは、新しい車に乗っている人が受けられる割引です。

具体的には、保険契約の開始月が、契約対象車両の初度登録年月(車検証に記載)の25ヶ月以内の場合に適用されます。

新車割引を採用しているかどうかは保険会社によって異なります。

セカンドカー割引(2台目・複数所有新規割引)とは

セカンドカー割引とは、2台目以降の車の自動車保険の契約に対して適用される割引です。

自動車保険は車ごとに加入する必要があります。

1台目の車がすでに自動車保険に加入している状態で、2台目以降の車が自動車保険に加入する際に適用されます。

参考資料:自動車損害賠償保障法

1台目と2台目以降で、契約している保険会社が違っていても問題なく適用されます。

無事故割引とは

無事故割引とは、1年間事故がなかった場合に翌年の保険料が割引されます。

等級による割引とは別で割引が適用されるので、保険料がさらにお得になります。

証券不発行割引(証券e割引・e証券割引)とは

証券不発行割引(証券e割引・e証券割引)とは、「保険証券」を紙で発行しないことで受けられる割引です。

保険証券とは、自動車保険の契約の具体的な内容が書かれた書類です。

インターネットから保険証券を見ることができるため、紙で発行する必要性は低く、証券e割引を利用する人は増えています。

名称は保険会社によってさまざまで、「証券不発行割引、e証券割引、eサービス、証券ペーパーレス割引」などと呼ばれています。

継続割引とは

継続割引とは、同じ保険会社に継続して加入することで適用される割引です。

ただし割引率はあまり高くなく、2年目で1%、3年目で1.5%が主流です。

結局どの割引がお得なの?

自動車保険の割引はさまざまな種類がありますが、「割引額」は保険会社によって異なります。

保険会社によっては、そもそも割引を用意していない会社もあります。

では、あなたにとって多くの割引が適用されて、一番お得になる自動車保険はどこなのでしょうか?

実は、それぞれの保険会社の割引適用後の見積もり額をすぐに調べることができるサービスがあるのです。

割引が適用された後の料金なので、あなたにとって一番安い保険会社がすぐに見つかりますね!

~保険料の見積もり額を比較する!(無料・5分)~

 

保険料算出方式とは?保険会社ごとに違う自動車保険料の計算式で同じ年齢や走行距離なのに保険料に差がある理由

保険太郎
保険料算出方式とは、自動車保険の保険料を算出する計算式で、現在はそれぞれの損害保険会社によって異なります。

自動車保険料の金額は、加入する保険会社によって大きく異なりますよね?

2倍3倍違うこともよくあるケースで、金額で言うと何万円も違ってきます。

なぜでしょうか?

昔の自動車保険会社(損害保険会社)は、損害保険料率算出機構(旧自動車保険料率算定会)が算出した協会共通の自動車保険率を使って保険料を計算する義務がありました。

参考資料:損害保険料率算出団体に関する法律

保険料の算出方式が同じなので、どの保険会社に加入しても同じ料金だったのですね。

しかし、現在では自由化が進み、各社が独自の保険料率を用いることができるようになりました。

そのため、保険会社によって保険料に差が生まれたのです。

あなたが加入している保険会社が割安な会社ですか?それとも割高な会社ですか?

>>5分で各社の保険料を比較してみる(無料)

それでは、肝心の保険料はどのように計算されているのでしょうか?

自動車保険会社は保険料を決める際、以下の項目を基準にしています。

  • 年間走行距離
  • 車の使用目的
  • 等級
  • 運転者の年齢
  • 運転免許証の色
  • 車両保険

など

ただし、どの項目を重視するのか、どの項目を基準外としているか保険会社によって異なります。

だからこそ、あなたの条件で保険料がいくらになるのかを比較することが大切です。

それぞれの項目を詳しく解説します。

年間走行距離

年間走行距離

走行距離(年間走行距離)とは、「1年間にどのくらいの距離を運転するのか」を指します。

距離が短いと事故に遭う確率(リスク)が低いので保険料が安くなり、逆に距離が長いと事故に遭う確率が高いので保険料も高くなります。

短距離がお得?長距離は損?

「保険料は走った分だけ」なんてCMでお馴染みの保険会社もある通り、短距離の方が保険料がお得になるのが一般的です。

しかし、保険会社によっては走行距離を保険料の算出に使っていない会社もあり、長距離ドライバーがお得になる保険会社もあります。

車の使用目的

車の使用目的

車の使用目的とは、「自動車保険の契約対象の車がどのような使われ方をするか」を指します。

通常は次の3タイプから選択します。

  • 「日常・レジャー使用」
  • 「通勤・通学使用」
  • 「業務使用」

ノンフリート等級

自動車保険の等級とは、これまでの事故歴に応じて保険料を割引(または割増)する制度です。

等級は1~20等級があり、6等級からスタートします。

1年間無事故だと1等級上がり、事故1回ごとに3等級下がります。

各等級の割引・割増率は表の通りです。

運転者の年齢

運転者の年齢とは、車のメインドライバー(保険証券での記名被保険者)のことを指します。

年齢が若いと保険料は高くなり、年齢が上がると保険料は安くなります。

運転免許証の色

運転免許証の色は、「グリーン」「ブルー」「ゴールド」の3種類があります。

グリーン免許

グリーン免許とは、運転免許証の新規取得者の免許証です。

グリーン免許が持てるのは取得から次の更新までの3年間です。

一度更新してしまうと、その後は二度と持てません。

ブルー免許

ブルー免許とは、グリーン免許から初めての更新で切り替わる免許証です。

ゴールド免許を持っていましたが、違反数によって次の更新でブルー免許になる人もいます。

ブルー免許の有効期限は、3年または5年。

通常は3年ですが、軽微な違反(駐車違反、信号無視、シートベルト着用義務違反など)があると5年になります。

ゴールド免許

ゴールド免許とは、過去5年間に無事故無違反の人に交付される免許証です。

自動車保険で割引が適用されるのはゴールド免許のみです。

車両保険

車両保険とは、自分の車に対する補償です。

事故相手や物に対する補償である「対人対物補償」は必須ですが、車両保険は付けるかどうかを選ぶことができます。

車の修理代金は高いので、できれば車両保険を付けたいところですが、車両保険を付けるか付けないかで保険料は約2倍も違います。

結局、自動車保険料を安くするにはどうすればいいの?

保険太郎
結局、自動車保険料を安くするにはどうすればいいのでしょうか?

保険料を計算するには、等級・運転者の年齢・年間走行距離などさまざまな項目があります。

では、結局どうすれば保険料が安くなるのでしょうか?

実のところ、これらのうち、どの項目を重視するかは保険会社によって大きく異なります。

そのことが、同じ人間&車なのに、保険会社によって保険料が大きく違う最大の理由です。

保険太郎
最安値を見つけるには、各社の保険料を比較することがベストです!

保険会社によって、どの項目を重視して保険料を算出するのかがバラバラである以上、実際に見積もりを取って、出された見積もり額を比較し、一番安い保険会社を探すしかありません。

しかし、1社1社見積もりを取るのは大変ですよね?

そこで、保険料を一括で見積もることができるサービスがおすすめです。

以下のように、保険会社によって保険料は大きく異なります。

保険会社

現在契約中の保険会社

他社A

他社B

保険料

65,000円

31,000円

70,000円

あなたにとって、一番安くなる自動車保険の保険料はいくらでしょうか?

ひょっとして、今よりも半額以下になったりして!

保険料を見積もる(5分・無料)

 

 

自動車保険は毎年上がる!?自動車保険を1年ごとに毎年乗り換えて保険料を安く抑えるテクニック

ここでは、「自動車保険料が毎年上がる理由」「自動車保険を1年ごとに毎年乗り換えて保険料を安く抑えるテクニック」をご紹介します。

自動車保険の保険料が毎年上がる理由

保険太郎
自動車保険の保険料の金額が毎年上がっている、なんてことありませんか?

無事故で等級もアップしたのに、保険料が高くなってしまうのはなぜでしょうか?

その理由は、「少子化」と「若者の車離れ」にあります。

若い人が車に乗らず、運転手の高齢化が進んだ結果、自動車保険の業界でこれまでの収支バランスが崩れてしまっているのです。

保険というのは相互扶助制度、つまり「助け合いの制度」です。

そのため、いくらあなたが無事故無違反で過ごして、自動車保険料が上がってしまうのを止めることができないのです。

しかし、収支バランスが崩れていても、すべての保険会社が値上げをしている訳ではありません。

企業努力で値上げを抑えている自動車保険会社があります。

いくら保険は助け合いの制度といっても、企業努力もしないで保険料を上げられたら、加入者としては困ってしまいますよね。

そこで、企業努力を頑張っていて、あなたの保険料が安くなる自動車保険会社に加入してみてはいかがですか?

~保険料を安く抑えている保険会社はどこ?~

自動車保険を一年ごとに毎年乗り換えて、保険料を安く抑えるテクニック

保険太郎
自動車保険を一年ごとに毎年乗り換えると保険料を安く抑えることができるのですが、その理由をご説明します。

一年ごとに乗り換えた方がお得になる理由は、以下です。

毎年、新規契約割引(インターネット割引)をフル活用できる

一年ごとに自動車保険を乗り換えると、毎回新規契約の扱いとなり、新規契約割引(インターネット割引)を毎年受けることができます。

インターネット割引には2種類あり、新規契約であれば1万円、継続契約であれば0円か3000円です。

つまり、同じ保険会社を継続し続けるより、毎年別の保険会社に乗り換えることで、割引金額がより高くなるのです。

自動車保険の保険料は年間数万円ですから、この割引額の差は非常に大きいと言えます。

保険料を安く抑えるテクニック:どの自動車保険会社が一番お得かを調べる方法

「新規加入の割引を用意していて、保険料が安くなるのはどこ?」

「どうやって探せばいいの?」

自動車保険を扱っている損害保険会社は、日本だけで数十社もあります。

どの会社が新規加入の割引を用意しているのか、1社1社見比べていくのは大変ですよね?

しかし、たった1回の入力で、数十社の自動車保険を調べるサービスがあります。

このサービスを使えば、新規加入割引が適用された状態で、保険料が結果的にいくらになるのかを調べることができます。(しかも20社分!)

あなたにとって、一番安くなる自動車保険を見つけてみませんか?

>>保険料の見積もり額を比較する!(無料・5分)

 

保険料が安い自動車保険への乗り換えテクニック|継続(更新)の断り方とは?

保険太郎
保険料が安い自動車保険への乗り換えテクニックとして、「継続(更新)の断り方」をご紹介します。

たとえ事故を起こさなくても、保険料は支払い続ける必要があります。

最近では、保険料が安くて、事故対応など困った時にも頼りになる保険会社が増えています。

もし、今よりもずっと安い自動車保険に乗り換えられたら、家計は助かりますよね?

ところが、顔なじみの担当者がいるとなかなか継続・更新を断りづらいものです。

そこで、ここでは「継続や更新の断り方」をご紹介します。

[継続(更新)の断り方:事前準備1]保険の相場を知る

継続を断るためには、まず断る材料を集めます。

今と同じ条件で、保険料の相場を調べてみます。

→たった5分で他社では保険料がいくらになるのかを調べる(無料)

やはり保険料というのは、最大のアドバンテージです。

「あまり車に乗らなくなったので、保険料の安い会社に移ろうと思います。」というように言えば、相手は引き留めづらくなります。

[継続(更新)の断り方:事前準備2]保険の内容を知る

それでも、保険料以外の理由で引き留められることがあるかもしれません。

しかし、見積もりを出してみると、金額だけでなく、「細かな契約内容」が送られてきます。

現状の保険プランと内容を同じにしていれば、「保険料」でも「保険プラン」でも相手は引き留める理由を失ってしまいます。

[継続(更新)の断り方:手順1]ストレートに伝える

事前準備をして、材料が揃いましたので、いよいよ保険屋さんに連絡を入れます。

ストレートに、「今と同じ内容で、見積もりを取ってみました。」と伝えましょう。

おそらく、「見積もり額はいくらでしたか?」と聞かれるはずです。

私が見積もった時は4万円ほど安くなりましたので、見積もり結果を伝えました。

同時に、以下のように伝えました。

「車にあまり乗らなくなったので、自動車保険は念のためです。」
「またちゃんと車に乗るようになったら、そちらとの契約も検討します。」

すると、保険屋さんも「う~ん、そうですか…。」としか言えなくなりました。

※実際は、保険料が安くなる保険会社を数社ピックアップして、口コミを調べまくって、間違いのない自動車保険を選んだので、「念のため」ではなく「本命」なのですが…。笑

今回は電話での事例ですが、メールやハガキで伝えるときも同じ内容で伝えれば結構です。

[継続(更新)の断り方:手順2]最後に感謝の言葉を伝える

一通り伝えた後は、最後に相手へ感謝の言葉を伝えてください。

「何かあった時に頼りになる存在だったので、もしまた申し込みをするなら、〇〇さんにお願いします!」と言った感じです。

 

このように事前に他社の保険料を調べて、「保険料の相場」や「保険プラン」を把握しておけば、相手は何も言えないのが現状です。

「そういうことなら、仕方ないですね。」となるはずです。

 

ちなみに、保険料を見積もる際は、必ずしも「現状の保険」と同じプランにする必要はありません。

不要なプランを削ることで、さらに保険料を安くすることができます!

「他社に乗り換えていくら節約できたのか?」を見てみると、平均でも3万円以上、多い人では5万円以上も安くなっていることがわかります。

あなたも一度見積もってみてはいかがですか?

驚くほど安くなりますよ!

保険料を見積もる(5分・無料)

 

自動車保険料が安くなる乗り換えタイミングとは?

自動車保険が安くなる乗り換えのタイミングはいつでしょうか?

ここでは、「満期前」や「満期後」などそれぞれのタイミングで、自動車保険料が安くなるのかを見ていきます。

[自動車保険料が安くなる乗り換えタイミング1]満期日

満期日とは、自動車保険契約の終了日です。

自動車保険は通常1年契約なので、満期日が過ぎると自動的に契約は終了となります。

そこで、現在の自動車保険を継続するか、別の自動車保険に乗り換えることになります。

満期日に他社へ乗り換えるためには、今の自動車保険の契約中から乗り換え先の自動車保険を探しておきましょう。

もし満期日までに次の自動車保険が決まらないと、無保険期間(保険に加入していない期間)が生じることになってしまうからです。

自動車保険はたくさんありますが、それぞれの保険会社の料金を比較できるサイトを使うと、今よりもいくら安くなるのかがすぐにわかって便利です。

[自動車保険料が安くなる乗り換えタイミング2]満期前

満期日よりも前、つまり今の自動車保険の契約途中で他社に乗り換えることができます。

その場合は、今の自動車保険を解約(電話するだけ)して、新しい自動車保険と契約します。

自動車保険を解約しても違約金はなく、乗り換えると保険料が安くなるので差額で得をすることができます。

今契約している自動車保険を解約する前に、まずは新しい自動車保険を探すことから始めてください。

自動車保険を乗り換えた人の平均で、「3万円以上安くなった」という結果が出ています。

あなたも、あまりの安さにビックリしますよ?

他社の保険料を調べる(無料・5分)

[自動車保険料が安くなる乗り換えタイミング3]満期後

満期日を過ぎてしまうと、契約していた自動車保険は自動的に終了します。

保険に加入していない状態になってしまいますので、一刻も早く自動車保険に加入することをおすすめします。

もし事故を起こすと全額負担となってしまうからです。

他社に乗り換えた場合でも、これまでの等級を引き継ぐことができます。

ただし、満期日から8日以上経過してしまうと等級はリセットされてしまいます。

その場合は、以前契約していた保険会社と再契約しても、別の保険会社と契約しても、等級は初めからやり直しとなりますのでご注意ください!

等級を引き継いだとしても、等級が初めからやり直しになったとしても、以前契約していた保険会社と別の保険会社の保険料を比較してください。

保険会社

現在契約中の保険会社

他社A

他社B

保険料

65,000円

31,000円

70,000円

すると、あなたにとって一番安くなる保険会社が見つかり、保険料を大幅に節約することができますよ。

[自動車保険料が安くなる乗り換えタイミング4]車の買い替え(新車・中古車)

車の買い替えは、保険会社を乗り換える良い機会です。

なぜなら、車を変更すると保険料が再計算されるため、保険料が高くなってしまうためです。

まれに安くなることがありますが、基本的に新しい車ほど高くなるため、保険料が高くなることがほとんどです。

保険料の計算に使われる条件が変わるということは、保険料が割高に計算されてしまう可能性があります。

「新しい車の保険料がいくらになるのか?」を保険会社ごとに比較するサービス(無料・5分)があるのでおすすめです。

 

安さだけじゃない!それぞれの自動車保険会社の特徴を比較

保険太郎
ここでは保険料の安さだけでなく、それぞれの自動車保険会社の違いを比較してきます。

日本にはさまざまな保険会社があります。

それらは大きく、以下の3タイプに分類できます。

  • 通販型(ダイレクト・ネット型)自動車保険会社
  • 代理店型の自動車保険会社
  • 自動車保険共済

それぞれの違いについて、見ていきます。

通販型(ダイレクト・ネット型)自動車保険会社

通販型自動車保険とは、私たち契約者と保険会社との間に代理店をはさまないことでコストカットを実現して、保険料が安い自動車保険です。

ダイレクト型やネット型の自動車保険とも言います。

保険会社には、イーデザイン損保、ソニー損保、SBI損保、アクサダイレクト、セゾン損保、チューリッヒ、三井ダイレクト損保などがあります。

代理店型の自動車保険会社

代理店型の自動車保険とは、私たち契約者と保険会社との間に保険代理店が入った自動車保険です。

保険会社の営業時間外でも、保険代理店の担当者が親身に相談に乗ってくれます。

保険の内容は複雑であるため、代理店の担当者は心強い存在となります。

保険会社には、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、日新火災、富士火災、東京海上日動、三井住友海上などがあります。

自動車保険共済

自動車保険共済とは、利益を上げることを目的としていない共済が運営している自動車保険です。

利益を目的としていないため、他の自動車保険よりも保険料が安い傾向にあります。

保険会社には、全労済、JA共済、JA農協などがあります。

自動車保険会社のおすすめの選び方

保険太郎
ご紹介したように多くの自動車保険会社がありますが、おすすめの選び方をご紹介します。

日本には自動車保険会社が何十社もあるため、多くの方が、どこが良いのかわからずに悩んでしまいます。

そこで、おすすめしたいのが「まず予算で絞るやり方」です。

自動車保険は掛け捨てなので、払った金額が戻ってくることはありません。

できれば安く抑えて、節約したいですよね?

そこで家計の負担にならないように、まず予算内で加入できる自動車保険を探して、その中から選ぶことをおすすめします。

実は、それぞれの保険会社の保険料がいくらなのかすぐにわかるサービスがあります。

このサービスを使えば、保険料を簡単に比較することができます。

その中で、家計の負担にならない自動車保険会社をピックアップした後、加入者の口コミなどを見て、どの自動車保険会社にするかを決めてください。

すると、失敗せずにあなたにとって一番良い自動車保険会社を見つけることができますよ!

それぞれの保険会社の保険料を調べる(5分・無料)

 

安くても注意!自動車保険ワーストランキング

保険太郎
安くても注意が必要な、自動車保険のワーストランキングをご紹介します。

このワーストランキングは、自動車保険を評価しているJ.D.パワー社が加入者にアンケートを取って発表している内容になります。

あいおいニッセイ同和損保(自動車保険)

事故が遭った時にあいおいニッセイ同和損保に電話をしましたが、電話が繋がらなかった。

こちらがピンチの時に頼りにならず、困り果ててしまいました。

(50代・女性)

代理店型ということで、価格が高いです。

ですが、ネット保険と比べると安心感はあります。

(30代・男性)

アクサダイレクト(自動車保険)

アクサダイレクトは、保険料が安くてありがたいです。

ただ、外資系ということもあり、担当者と話しても形式的な対応が目立ちます。

もう少しお客さんのほうを向いてほしいなと感じました。

(20代・女性)

私が当たったオペレーターの対応があまり良くなく、長時間保留で待たされ、間違った案内をされて、後日謝罪の連絡がありました。

緊急時の対応が心配です。

(30代・男性)

損保ジャパン日本興亜(自動車保険)

保険料がすごく高い…。

でも、連絡と言えば契約更新のときだけ。

会社の団体契約で加入していますが、もっと安い保険会社はたくさんあると思います。

(50代・男性)

事故時の相手が損保ジャパンでした。

こちら側の損保ではなかったからか、担当者が巧妙でうまくしてやられた印象でした。

(40代・男性)

富士火災(自動車保険)

外資系のAIG・AIUに買収されてしまったようです。

その結果、一時的ですが評価を落としている保険会社のようです。

(60代・男性)

事故後の対応が早く、フットワークの軽さを感じました。

コールセンターもすんなり繋がります。

(20代・男性)

三井住友海上(自動車保険)

三井住友海上から、同じグループの三井ダイレクトに加入し直しました。

同じグループということで、修理工場なども同じ施設を共有しています。

料金はネット保険である三井ダイレクトの方が格安なので、三井住友海上の魅力を感じません。

(40代・男性)

代理店型の自動車保険ということで、顔なじみの担当者がいました。

しかし、その方が退職されて若手の担当者に変わりましたが、少し頼りない印象で心配です。

(60代・女性)

~あなたの適正額いくら?保険料相場を調べる(無料・5分)~

 

自動車保険料を大幅に節約!保険料が安くなる一括見積もり方法とは?

自動車保険の一括見積もりインズウェブ

「自動車保険ってたくさんあるけど、どこが一番安いの?」
「等級とか割引とかを含めて、私が一番安くなる自動車保険はどこ?」

保険会社によって保険料が大きく異なるため、割高な保険会社に入ると損してしまいますよね。

しかし、たった1度の入力で、それぞれの保険会社の保険料をすぐに調べて比較するサービスがあります。

自動車保険の一括見積もりインズウェブ

これなら、どの保険会社が保険料が高くて、どの保険会社が安いのかがすぐにわかりますね!

あなたの条件(年齢、等級等)で、「保険料の相場がいくらなのか?」もすぐにわかります。

今あなたが加入している保険会社は、保険料が安い会社ですか?それとも高い会社ですか?

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

更新日:

テキストのコピーはできません。

Copyright© 自動車保険を乗り換えるタイミングはいつまで?満期前はデメリットあり? , 2018 All Rights Reserved.