【自動車保険の乗り換え】安い保険料に切り替える絶好のタイミングとは?

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

 

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

 

保険料が驚くほど安くなる!安い自動車保険に乗り換えるタイミングは今!

「もっと安い自動車保険に変えたいけど、乗り換えるタイミングがわからない」
「タイミングが悪いと、保険料って高くなってしまうんでしょ?」

 

保険料を節約したいけど、自動車保険を乗り換えるタイミングって難しいですよね?

 

しかし、どのタイミングで乗り換えても保険料を安くすることができるんです。

 

私が自動車保険会社に勤めていた頃、「保険料を節約したいけど、どうすればいいの?」というご質問をたくさん頂きました。

 

もしあなたが保険料を節約したいなら、今すぐ保険会社を乗り換えることをおすすめします!

 

条件(年齢、等級、走行距離など)がまったく同じ人なのに、保険会社が違うだけで、保険料が2倍や3倍も変わってしまうからです。

 

以下は、私が自分の車の自動車保険を見積もった時の金額です。

保険会社

他社A

他社B

他社C

保険料

65,000円

31,000円

85,000円

 

同じ人間、同じ車なのに、保険会社によって何万円も違っていることがわかりますよね?

 

「乗り換えは満期日を基準にしましょう」なんて言われますが、そんなことはありません。

 

安い保険会社に乗り換えれば、タイミングに関係なく、差額で大きく得をすることができるのです。

 

とは言っても、保険会社ってたくさんありますよね?

 

※日本で自動車保険を扱っている損保だけで数十社もあります。
自動車保険の一括見積もりインズウェブ

 

実は、たった1度の入力で、それぞれの保険会社の保険料をすぐに調べて比較するサービスがあるのです。

 

これなら、それぞれの保険会社の保険料をカンタンに比較できるので、すぐに一番安い自動車保険を見つけることができます!

 

あなたの保険料が他社ではいくら安くなるのか、今すぐ見積もってみませんか?

 

あまりの安さに、きっと驚きますよ?

 

>>他社の保険料を調べる!(無料・5分)

 

自動車保険を乗り換えるメリット

自動車保険を乗り換えるメリットはたくさんありますが、一番は「保険料が安くなること」です。

 

保険料は保険会社によって何万円も違うのです。

 

自動車保険を乗り換えることで、条件・補償内容はこれまでと同じで料金だけを安くすることができるのです。

 

もちろん、単に料金が安くなる以外にもメリットはたくさんあります。

 

【自動車保険を乗り換えるメリット】

  • 保険料が安くなる
  • これまでと同じ金額で、条件・補償内容をより充実させることができる
  • 以前の保険会社にはなかった補償を受けることができる
  • 契約の特典を受けられる
  • 急なライフスタイルの変化(転勤、結婚、離婚、車の買い替え等)にも柔軟に対応できる
  • 事故後でも保険料が安くなる

 

自動車保険を継続すると大損!保険料が半額になった事例

「自動車保険の乗り換えで保険料が安くなる!」と言われても、「じゃあ一体いくら安くなるの?」って思ってしまいますよね?

 

そこで具体的な例を出して金額の違いを見ていきます。

 

以下の条件のAさんがいたとします。

年齢:26歳
等級:9等級
車:ホンダ・N-BOX

 

Aさんが自動車保険に加入すると、年間の保険料は以下となります。

ソニー損保:60,470円
三井ダイレクト:73,650円
損保ジャパン日本興亜:226,210円
アクサダイレクト:94,190円

 

Aさんはアクサダイレクトからソニー損保に乗り換えたことで、年間の保険料を3万円以上ダウンすることに成功!

 

自動車保険料を大幅に節約できました。

 

特に損保ジャパン日本興亜とソニー損保では、保険料に3倍以上も差がありますね!

 

実際に見積もってみるといくらお得になるかがすぐわかりますよ。(無料・5分)

 

自動車保険を乗り換えるデメリット

私は保険会社に勤めていましたが、実は自動車保険を他車に乗り換えることによるデメリットはありません

 

しかし、乗り換えるだけで保険料が格安になるのでメリットは大きいのです!

 

調査によると自動車保険を乗り換えた人の平均で3万円以上も安くなっています。

 

平均で3万円以上ですよ!(5万円以上安くなった人も)

 

あなたは浮いた数万円で何をしますか?

 

>>他社の保険料がいくらなのか見積もってみる!(無料・5分)

 

[自動車保険を乗り換えに必要な書類]保険証券、車検証、運転免許証

 

自動車保険の乗り換えには、以下の3点の書類が必要です。

 

  • 現在加入している保険の保険証券
  • 車検証
  • 運転免許証

 

[自動車保険を安く乗り換えるタイミング1]満期日

満期日とは、自動車保険契約の終了日です。

 

自動車保険は通常1年契約なので、満期日が過ぎると自動的に契約は終了となります。

 

そこで、現在の自動車保険を継続するか、別の自動車保険に乗り換えることになります。

 

満期日に他社へ乗り換えるためには、今の自動車保険の契約中から乗り換え先の自動車保険を探しておきましょう。

 

もし満期日までに次の自動車保険が決まらないと、無保険期間(保険に加入していない期間)が生じることになってしまうからです。

 

自動車保険はたくさんありますが、それぞれの保険会社の料金を比較できるサイトを使うと、今よりもいくら安くなるのかがすぐにわかって便利です。

 

[自動車保険を安く乗り換えるタイミング2]満期前

満期日よりも前、つまり今の自動車保険の契約途中で他社に乗り換えることができます。

 

その場合は、今の自動車保険を解約(電話するだけ)して、新しい自動車保険と契約します。

 

自動車保険を解約しても違約金はなく、乗り換えると保険料が安くなるので差額で得をすることができます。

 

今契約している自動車保険を解約する前に、まずは新しい自動車保険を探すことから始めてください。

 

自動車保険を乗り換えた人の平均で、「3万円以上安くなった」という結果が出ています。

 

あなたも、あまりの安さにビックリしますよ?

 

他社の保険料を調べる(無料・5分)

 

[自動車保険を安く乗り換えるタイミング3]満期後

満期日を過ぎてしまうと、契約していた自動車保険は自動的に終了します。

 

保険に加入していない状態になってしまいますので、一刻も早く自動車保険に加入することをおすすめします。

 

もし事故を起こすと全額負担となってしまうからです。

 

他社に乗り換えた場合でも、これまでの等級を引き継ぐことができます。

 

ただし、満期日から8日以上経過してしまうと等級はリセットされてしまいます。

 

その場合は、以前契約していた保険会社と再契約しても、別の保険会社と契約しても、等級は初めからやり直しとなりますのでご注意ください!

 

等級を引き継いだとしても、等級が初めからやり直しになったとしても、以前契約してた保険会社と別の保険会社の保険料を比較してください。

 

保険会社

現在契約中の保険会社

他社A

他社B

保険料

65,000円

31,000円

70,000円

 

すると、あなたにとって一番安くなる保険会社が見つかり、保険料を大幅に節約することができますよ。

 

[自動車保険を安く乗り換えるタイミング4]車の買い替え(新車・中古車)

車の買い替えは、保険会社を乗り換える良い機会です。

 

なぜなら、車を変更すると保険料が再計算されるため、保険料が高くなってしまうためです。

 

まれに安くなることがありますが、基本的に新しい車ほど高くなるため、保険料が高くなることがほとんどです。

 

保険料の計算に使われる条件が変わるということは、保険料が割高に計算されてしまう可能性があります。

 

「新しい車の保険料がいくらになるのか?」を保険会社ごとに比較するサービス(無料・5分)があるのでおすすめです。

 

 

お得な割引キャンペーン・乗り換え特典が適用!安い自動車保険に切り替えるには?

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

「割引キャンペーンを利用して、自動車保険を安く乗り換えたい!」
「乗り換え特典を用意している会社と用意していない会社があるから、結局どこが一番安いかわからない!」

 

たしかに、割引キャンペーンや乗り換え特典って保険会社ごとにあったりなかったりするため、1社1社比較するのは大変ですよね?

 

しかし、割引キャンペーンや乗り換え特典の適用後の見積もり額を比較することで、一番安い自動車保険がどこかを見つけることができるのです。

 

自動車保険の料金は、たとえ同じ人であっても保険会社が変わるだけで何万円も変わってきます。

 

それは保険会社によって、基本的な料金形態だけでなく、割引キャンペーンや乗り換え特典を用意しているか用意していないかも大きく関わっているのです。

 

あなたの保険料がいくら安くなるのか、今すぐ比較してみませんか?

 

>>他社の保険料がいくらなのか見積もってみる!(無料・5分)

 

お得な割引キャンペーン・乗り換え特典でお得に乗り換えるには?

 

自動車保険には、各種割引やキャンペーン、他社から乗り換えると受けられる特典があります。

 

具体的には、どういったものがあるのでしょうか?

 

代表的なものを紹介します。

 

インターネット割引とは

ネット経由で自動車保険に申し込みをした場合に適用される割引です。

 

保険会社によって割引額が異なり、3,000円または10,000円が主流です。

 

年間数万円の保険料から、1万円も割引があると大きいですよね!

 

ゴールド免許割引とは

ゴールド免許割引とは、保険契約の開始日時点で、車のメインドライバー(保険証券上の「記名被保険者」)の免許の色が「ゴールド」である場合に適用される割引です。

 

グリーン免許、ブルー免許は対象外となります。

 

割引率は保険会社によって大きく異なります。

 

新車割引とは

新車割引きとは、新しい車に乗っている人が受けられる割引です。

 

具体的には、保険契約の開始月が、契約対象車両の初度登録年月(車検証に記載)の25ヶ月以内の場合に適用されます。

 

新車割引を採用しているかどうかは保険会社によって異なります。

 

セカンドカー割引(2台目・複数所有新規割引)とは

セカンドカー割引とは、2台目以降の車の自動車保険の契約に対して適用される割引です。

 

自動車保険は車ごとに加入する必要があります。

 

1台目の車がすでに自動車保険に加入している状態で、2台目以降の車が自動車保険に加入する際に適用されます。

 

参考資料:自動車損害賠償保障法

 

1台目と2台目以降で、契約している保険会社が違っていても問題なく適用されます。

 

無事故割引とは

無事故割引とは、1年間事故がなかった場合に翌年の保険料が割引されます。

 

等級による割引とは別で割引が適用されるので、保険料がさらにお得になります。

 

証券e割引とは

証券e割引とは、「保険証券」を紙で発行しないことで受けられる割引です。

 

保険証券とは、自動車保険の契約の具体的な内容が書かれた書類です。

 

インターネットから保険証券を見ることができるため、紙で発行する必要性は低く、証券e割引を利用する人は増えています。

 

名称は保険会社によってさまざまで、「証券不発行割引、e証券割引、eサービス、証券ペーパーレス割引」などと呼ばれています。

 

継続割引とは

継続割引とは、同じ保険会社に継続して加入することで適用される割引です。

 

ただし割引率はあまり高くなく、2年目で1%、3年目で1.5%が主流です。

 

結局どの割引がお得なの?

自動車保険の割引はさまざまな種類がありますが、「割引額」は保険会社によって異なります。

 

保険会社によっては、そもそも割引を用意していない会社もあります。

 

では、あなたにとって多くの割引が適用されて、一番お得になる自動車保険はどこなのでしょうか?

 

実は、それぞれの保険会社の割引適用後の見積もり額をすぐに調べることができるサービスがあるのです。

 

割引が適用された後の料金なので、あなたにとって一番安い保険会社がすぐに見つかりますね!

 

>>保険料の見積もり額を比較する!(無料・5分)

 

 

年齢・走行距離によって保険料が変動!安い自動車保険を比較して乗り換えるタイミングは?

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)

「保険会社によって保険料の金額が違うのはどうして?」
「できるだけ安い自動車保険を選びたんだけど…」

 

自動車保険の料金ってどうやって計算されているのかよくわからず、結局どの保険会社が一番安いのかわかりませんよね?

 

しかし、実際の保険料の見積もり額を比較することで、あなたの条件で一番安くなる保険会社をすぐに見つけることができるのです。

 

たった1回の入力で、数十社の自動車保険の見積もり額を調べることができるサービスがあります。

 

もちろん無料です。

 

人によって年齢、免許証の色、走行距離などは違ってきます。

 

あなたにとって一番安くなる自動車保険を見つけてみませんか?

 

>>保険料の見積もり額を比較する!(無料・5分)

 

同じ年齢や走行距離なのに保険料に差があるのはなぜ?保険会社ごとに違う保険料算出方式

 

自動車保険の金額は、加入する保険会社によって大きく異なります。

 

2倍3倍違うこともよくあるケースで、金額で言うと何万円も違ってきます。

 

なぜでしょうか?

 

昔の自動車保険会社(損害保険会社)は、損害保険料率算出機構(旧自動車保険料率算定会)が算出した協会共通の自動車保険率を使って保険料を計算する義務がありました。

 

参考資料:損害保険料率算出団体に関する法律

 

保険料の算出方式が同じなので、どの保険会社に加入しても同じ料金だったのですね。

 

しかし、現在では自由化が進み、各社が独自の保険料率を用いることができるようになりました。

 

そのため、保険会社によって保険料に差が生まれたのです。

 

あなたが加入している保険会社が割安な会社ですか?それとも割高な会社ですか?

 

>>5分で各社の保険料を比較してみる(無料)

 

 

それでは、肝心の保険料はどのように計算されているのでしょうか?

 

自動車保険会社は保険料を決める際、以下の項目を基準にしています。

  • 年間走行距離
  • 車の使用目的
  • 等級
  • 運転者の年齢
  • 運転免許証の色
  • 車両保険

など

 

ただし、どの項目を重視するのか、どの項目を基準外としているか保険会社によって異なります。

 

だからこそ、あなたの条件で保険料がいくらになるのかを比較することが大切です。

 

それぞれの項目を詳しく解説します。

 

年間走行距離

年間走行距離

走行距離(年間走行距離)とは、「1年間にどのくらいの距離を運転するのか」を指します。

 

距離が短いと事故に遭う確率(リスク)が低いので保険料が安くなり、逆に距離が長いと事故に遭う確率が高いので保険料も高くなります。

 

短距離がお得?長距離は損?

「保険料は走った分だけ」なんてCMでお馴染みの保険会社もある通り、短距離の方が保険料がお得になるのが一般的です。

 

しかし、保険会社によっては走行距離を保険料の算出に使っていない会社もあり、長距離ドライバーがお得になる保険会社もあります。

 

車の使用目的

車の使用目的

車の使用目的とは、「自動車保険の契約対象の車がどのような使われ方をするか」を指します。

 

通常は次の3タイプから選択します。

  • 「日常・レジャー使用」
  • 「通勤・通学使用」
  • 「業務使用」

 

等級

ノンフリート等級

自動車保険の等級とは、これまでの事故歴に応じて保険料を割引(または割増)する制度です。

 

等級は1~20等級があり、6等級からスタートします。

 

1年間無事故だと1等級上がり、事故1回ごとに3等級下がります。

 

各等級の割引・割増率は表の通りです。

 

運転者の年齢

年齢

運転者の年齢とは、車のメインドライバー(保険証券での記名被保険者)のことを指します。

 

年齢が若いと保険料は高くなり、年齢が上がると保険料は安くなります。

 

運転免許証の色

運転免許証の色は、「グリーン」「ブルー」「ゴールド」の3種類があります。

 

グリーン免許

グリーン免許とは、運転免許証の新規取得者の免許証です。

 

グリーン免許が持てるのは取得から次の更新までの3年間です。

 

一度更新してしまうと、その後は二度と持てません。

 

ブルー免許

ブルー免許とは、グリーン免許から初めての更新で切り替わる免許証です。

 

ゴールド免許を持っていましたが、違反数によって次の更新でブルー免許になる人もいます。

 

ブルー免許の有効期限は、3年または5年。

 

通常は3年ですが、軽微な違反(駐車違反、信号無視、シートベルト着用義務違反など)があると5年になります。

 

ゴールド免許

ゴールド免許とは、過去5年間に無事故無違反の人に交付される免許証です。

 

自動車保険で割引が適用されるのはゴールド免許のみです。

 

車両保険

車両保険とは、自分の車に対する補償です。

 

事故相手や物に対する補償である「対人対物補償」は必須ですが、車両保険は付けるかどうかを選ぶことができます。

 

車の修理代金は高いので、できれば車両保険を付けたいところですが、車両保険を付けるか付けないかで保険料は約2倍も違います。

 

安い自動車保険会社を比較

走行距離や使用目的など、自動車保険の保険料を決める要因がたくさんあることを説明してきました。

 

保険会社はたくさんありますが、あなたの条件(走行距離や使用目的など)で一番安い自動車保険はどこなのでしょうか?

 

実は、あなたの保険料がいくらになるかがすぐにわかるサービスがあるのです。

 

このサービスを使えば、安い自動車保険会社を簡単に比較することができます。

 

通販型(ダイレクト・ネット型)自動車保険会社

通販型自動車保険とは、私たち契約者と保険会社との間に代理店をはさまないことでコストカットを実現して、保険料が安い自動車保険です。

 

ダイレクト型やネット型の自動車保険とも言います。

 

保険会社には、イーデザイン損保、ソニー損保、SBI損保、アクサダイレクト、セゾン損保、チューリッヒ、三井ダイレクト損保などがあります。

 

代理店型の自動車保険会社

代理店型の自動車保険とは、私たち契約者と保険会社との間に保険代理店が入った自動車保険です。

 

保険会社の営業時間外でも、保険代理店の担当者が親身に相談に乗ってくれます。

 

保険の内容は複雑であるため、代理店の担当者は心強い存在となります。

 

保険会社には、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、日新火災、富士火災、東京海上日動、三井住友海上などがあります。

 

自動車保険共済

自動車保険共済とは、利益を上げることを目的としていない共済が運営している自動車保険です。

 

利益を目的としていないため、他の自動車保険よりも保険料が安い傾向にあります。

 

保険会社には、全労済、JA共済、JA農協などがあります。

 

保険料を大幅に節約できる!保険料の一括見積もり方法とは?

自動車保険の一括見積もりインズウェブ

 

「自動車保険ってたくさんあるけど、どこが一番安いの?」
「等級とか割引とかを含めて、私が一番安くなる自動車保険はどこ?」

 

保険会社によって保険料が大きく異なるため、割高な保険会社に入ると損してしまいますよね。

 

しかし、たった1度の入力で、それぞれの保険会社の保険料をすぐに調べて比較するサービスがあります。

自動車保険の一括見積もりインズウェブ

 

これなら、どの保険会社が保険料が高くて、どの保険会社が安いのかがすぐにわかりますね!

 

あなたの条件(年齢、等級等)で、「保険料の相場がいくらなのか?」もすぐにわかります。

 

今あなたが加入している保険会社は、保険料が安い会社ですか?それとも高い会社ですか?

 

自動車保険の保険料を見積もる(無料・5分)